本年度の入試終了! 合格実績発表!

宮崎県では、今日が県立一般入試の合格発表日でした。

今年は各高校での掲示は行われず、専用サイトでの発表となりました。

一般入試に臨んだ生徒たちから事前に受験番号を聞いていたので、私も自宅で結果を確認しました。

すでに結果の出ている私立と県立推薦とを合わせた実績が冒頭の画像です。

一般入試は残念ながら、全員合格とはなりませんでした。

合格したみんなへ

合格おめでとう!

積み重ねてきた努力がこうして形になって、本当に良かった。

ただ、高校合格はあくまでも通過点。

これから自分の夢の実現を目指していくためには、今後もより一層の努力が必要となる。

合格という結果に満足せず、ここがスタートラインということを忘れずに、ますますの頑張りを期待します!!

残念ながら不合格となったあなたへ

きっと今、ものすごく落ち込んでいることでしょう。

ただ、それはここまであなたが一生懸命にやってきたからこそ。

適当にやってたら、そんなに悔しくも悲しくもないはず。

悔しさを感じるということは、一生懸命に努力したことの証しです。

この結果を一刻も早く忘れてしまいたいと思うかもしれないね。

でも逆に、その悔しさを忘れないでいてほしい。

先日の卒塾式のときに話したことを覚えていますか。

人間の真価が問われるのは、悪いことが起きたときにどう対応するかで決まるという話。

今は、気が済むまで落ち込んで、気が済むまで泣けばいい。

そして、気持ちが落ち着いたら思い出して。

受験先を決めるときに、自分で納得して決めたはず。届くかどうかは分からないとしても、自分が行きたいと思う高校を選んだはずです。

安全に、確実に合格することだけを考えるならランクを落として受験すればいい。

でも、そうせずに志望校を変えずに挑んだということは、最後までチャレンジした証拠。

明確に勝敗が出てしまうのが高校入試。勝つ人がいれば、負ける人もいる。

でも、不合格の人がダメな人というわけでは決してない!

合格に向けて頑張ったことは、

ひたすら机に向かい続けた時間は、

弱気な心に負けそうになりながらも手を止めなかった自分は、

まぎれもなくあなたの「財産」です。

最後まで諦めずに挑戦したうえでの不合格は、楽に合格することの何倍も価値があること。

そして、この経験があなたをより強くしてくれます。

今後の人生において、きっとこの経験が役に立つときがくる。

そう信じて、気持ちが落ち着いたら、また歩き出そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする