令和4年春の宮崎県立高校一般入試はコロナ罹患の場合は追試験あり!

1週間前ほど、県庁のホームページに情報が出ていました。

令和4年度県立高等学校生徒募集(令和4年春入学生)に係る情報提供

来年春の県立高校一般入試に関わる情報ですね。

令和4年3月8日(火)、9日(水)で実施を予定しています

県立高等学校一般入学者選抜において、

新型コロナウイルス感染症罹患者等で受検ができなかった者については、

今回に限り、3月24日(木)に当該高等学校にて

一般入学者選抜追検査を実施します。

去年も同じくらいのタイミングで、同様の発表がありました。

もちろん、かからないのが一番ですけど、万が一かかってしまったとしても安心できる情報ですね。

現在、宮崎県内は感染者数ゼロが連日続いていて、だいぶ落ち着いている印象ですが、他県などではオミクロン株の市中感染も確認されだしているので、気は抜けません。

受験生とそのご家族には、ぜひ最後まで気を抜かずに無事に過ごしていただきたいです。

コロナに限らず、風邪やインフルエンザへの予防も基本的にはやることは変わりませんので、それらの予防にもなると思って、日々取り組んでいただけたらと思います。

さて、この情報に関してひとつ気になるのは…

「一般入試って書いてあるけど、推薦入試には触れてないなあ」

ということです。

推薦入試の方が日程は先です。(推薦:2/2 一般:3/8~3/9)

それを考えると、まず推薦について何らかの発表があるべきなんじゃ?とも思います。

一応ですね、実施要綱には以下の文言が載っています↓

検査の当日に、病気その他やむを得ない事情のため、

検査を受けることができなかった者について、

その理由が在籍中学校長によって証明されるときは、

志願先高等学校長が、その検査に代わる他の適当な措置をとることができる。

令和4年度宮崎県立高等学校入学者選抜実施要綱より

この文言は一言一句変わらず、推薦入試のところにも、一般入試のところにも載っています。

これによれば、推薦のときにも救済措置はありますよ、という理解で構わないかと。

ただ、今年から推薦が「自己推薦」という形に変わります。初めてづくしなわけです。

どれくらいの生徒が受験して、どんな状況になるのか分かりません。

少なくとも昨年までの推薦入試とは大きく様子が違うでしょう。

それを考えると、推薦に関しても何らかの対応を事前に考えておくべきでは?

と、勝手に思ってます。

まあ、今後追加で何か発表があるかもしれないので、注意して見守ることにしましょうか。

さて、冬期講習も明日までで終了です。明日が仕事納めになります。

そんな中、この冬期講習に来てくれている中2の男子が大型お菓子をゲットしました!

今週月曜から冬期講習が始まっています。今日が3日目です。 冬期は短くて、1週間と半分しかありませんので始まったと思ったら終わり...

じゃんけんに3連勝してのゲットです!

本人が恥ずかしいと言うので、顔は隠してもいいからと言って写真を撮らせてもらいました(*^。^*)

この写真を見て気付きましたが、うまい棒30本、全部コンポタ味なんですね^_^;

何種類か混ざってるもんだと思い込んでましたw

まあ、じっくり時間をかけて食べてくれればいっか(^^)/

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする