「受験生のみんなの代わりに、私が落ちときました!」

今週から来週にかけて、宮崎市内の中学校では定期テストの時期です。

ここ数日は自習室が連日、賑わっています。

多い人では、テスト3週間前からの自習時間が計70時間を超えそうな生徒も!\(◎o◎)/!

今回が2~3回目の定期テストとなる中1生の中には、まだまだ取組み方が甘い生徒もいますが、ほとんどの生徒は非常によく頑張ってテスト勉強に取り組んでいます。

さて、そんな日々の中で、今日はちょっとリラックスできる(?)ような話題を。

先日の月曜日は、自習室開放日でした。

本来はお休みの月曜日ですが、夕方から5時間限定で塾を開けて、自習に来られる日です。

今回は菜穂子先生が1人で対応だったのですが…

自習に来ていた生徒たちがみんな帰って、さあ閉めて帰ろうかというときに、事件は起こりました!

うちの塾は2階にあります。

当然、出入りは階段を上り下りしなくてはいけません。

その階段というのが、こちら↓

とりたてて何の変哲もない、ふつうの階段です。

角度が急だとか、ステップが極端に狭いとか、そういう不便さはありません。

が、気をつけないといけない点が1つ。

それは夜、電気がついていないと真っ暗になるということです。

「当たり前じゃん」と思ったあなた!

その想像している暗さよりも、さらに暗いと思ってください。それくらい真っ暗です。

ただ、階段に備え付けられている電灯以外に、人感センサー付きのライトも付けてあります。

これ↓

点灯したら、こんな感じ。

ですので、電灯を消してもこれが点いていれば、真っ暗になることはありません。

ただ、事件の起きたときには、残念なことにこのセンサーライトが点いてなかったそうです。

なので、電灯のスイッチを消した途端、真っ暗に!!

次の瞬間、階段の最後の2段を踏み外して!!(>_<)!!

・・・

・・

結果は、左足甲の捻挫でした(+o+)

病院にも行って、今はすでにだいぶ普通に歩けるようにはなっているので、ご安心ください。

大事に至らなくて、ほっとしました。

ちなみに、生徒のみなさんの行き帰りのときには、そんな風に真っ暗になることはありません。

階段の電気は、生徒が全員帰ったあと、戸締りをして我々が帰るときまではちゃんと点いています。どうか、ご安心を!

というわけで、今日のタイトルですが…

答えは、少し足を痛そうにしている様子を見て心配してくれた生徒たちに、菜穂子先生が言ったセリフでした。

受験生にとっては、「落ちる」「すべる」は禁句ですが、我々が身代わりに落ちるなら、良い厄払いになったのかもしれません(?)

まあ、怪我はしたくないので、今後は十分に気をつけたいと本人も言っています!(^_^;)

というわけで、テスト期間中に起きたプチ事件の報告でした。

直接、指導と関係ない話ですみません^_^;

テスト勉強については、また近いうちに書きたいと思っています。

それでは今日はここまで。

Watch your step!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする