コロナ禍でも入試は必ずやってくる!今やるべきことをやろう!

↑画像は https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013253931000.html より

昨夜、気になるニュースを見つけました。

見出しの通りですが、簡単に言えば

 今年度の高校入試で「ワクチン接種や陰性証明が無いから受験できなかったり、不利になったりしないようにしなさい」と文科省が全国の教育委員会に通知した。

という内容ですね。(記事の全体が読みたい方は、画像下のリンクよりどうぞ)

合わせて、「臨時休校や分散登校の影響や、出席日数や出席停止の記載などによっても、受験生が不利益を被らないように」ということも通知されているようです。

まあ当然と言えば当然のことでしょうが、こうして国の方から通達が出ていれば、受験生やそのご家族も安心できるでしょう。

入試のスケジュールはコロナには関係ない!

仮に、来年の年明けにいくら感染が拡大していようが(逆に少なかろうが)、感染拡大防止策を講じた上で高校入試は必ず行われます。

「コロナ禍だから、今年は入試なしね~♪ 希望者は全員、合格!」

とはなりません(^_^;)

現在進行形で今も新たな変異株が生まれてきているらしいです。

つまり、コロナとの戦いはまだまだこれからも続くということです。

そして、ウィルスが我々人間のスケジュールに気をつかってくれることは決してありません。

「あ、年明けに入試があるんですか?じゃあ、冬の間は少し大人しくしておきます(^^)」

などと殊勝なことはウィルスは言いません。

ということは、受験生にとって必要なのは「今やるべきことをコツコツとやっていく」という当たり前すぎるほど当たり前のことです。

宮崎の中3生たちへ

宮崎でも一時は、いわゆる「自主休校」している生徒が多かったというニュースも見ました。

夏休みが明ける直前の状況からは、少し落ち着いてきているかなという印象ですが、まだまだ宮崎市内は連日、数十人単位の感染者数です。

宮崎市はまん防の適用延長も決まり、それを受けて公立の小中学校の給食後下校も来週いっぱい(9/19まで)延長となりました。

保護者の皆様におかれましては、日頃より学校教育へのご理解ご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。 さて、...

前回の記事にも書きましたが、受験生はこうして時間があることをチャンスだと捉えてもらいたいですね。

約1か月後(10/14~10/15)には、最後の「地区実力テスト」がやってきます!

弱点個克服に取り組むのに、ちょうど良い機会です!

「具体的にどんな勉強したらよいか分からない」なんていう、ぼんやりした中3生はぜひ下の記事を読んでみてください↓ (2年前に書いた記事です)

少し前にこんな記事を書きました。 ↓ 本日、中3のある生徒が「来月の実力テストの範囲が出ました」と言って...

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする