「3年生になったら自動的に“受験生”になるんじゃない。覚悟してなるんだ!」

ひさびさの更新です。

先週から今週は、春期講習でした。でしたと言っても、まだ完全には終わってなくて、明後日の模試までで終了です。

ただ、今日はほとんど授業がなく、明日もお休みをいただくので、ほっと一息というところです。

やはり季節講習中は、ふだんと時間割が違ったり授業のコマ数が増えたりするせいか、疲れがたまりますね^^; ちょっとずつ年を取ってきているということなのかもしれません。

明日の休みでしっかりリフレッシュして、日曜日の模試、そして来週からの通常授業再開では、また元気に頑張りたいと思います!

さて、昨日から4月。学校は新年度になりました。

当塾は開塾してから3年目です。

ということは、今いる新中3生たちは当塾にとって、中1から3年間丸々通ってくる(予定の)初の生徒たちになります。

これまでは長くても丸2年、大部分は1年に満たない指導期間を経て、受験に臨んだ生徒たちがほとんどでした。

もちろん短い付き合いであっても、それぞれの生徒たちの志望校合格を叶えるために全力を尽くしてきました。

ただ期間が短いと、まだまだ教えたいこと、伝えたいことを伝えきれないまま卒塾の時期を迎えてしまうことに少しの寂しさを感じてしまうのも事実でした。

まあ、「塾あるある」なのかもしれませんけどね(^_^;)

その点、今年の中3生たちは上でも述べたように、中1からの付き合いの生徒ばかりです。

(もちろん、これから先(今から夏まで)の入塾も歓迎しております!)

これまでの2年間もじっくり向き合ってこれて、かつ、今後の1年間で受験対策に取り組んでいける生徒たちです。

逆に言えば「3年間も通ったのに志望校に受からんかった!」なんてことがあってはいけないのです。

その意味では責任もありますし、また同時にやりがいも感じます!

「絶対に志望校合格を勝ち取る!!」

その思いで今後1年間、彼らに向き合っていきたいと考えています。

さて、今日のブログのタイトルは、この1か月で何度か新中3生たちに言ってきた言葉です。

うちの塾生にだけでなく、まだまだ受験を意識していない、または意識が低い新中3生全員に伝えたいくらいです。

本当の意味での“受験生”になるには、覚悟が必要だと思います。

「絶対に志望校に合格するんだ」

「そのために勉強を頑張るんだ」

そういった気持ちにならなければ、学年は3年生でも“受験生”とは呼べないでしょう。

また特に、ここまであまり勉強してこなかった人たちにとっては、あと1年は本当にあっという間です。

「部活が終わってから」「6月の地区実テの結果を見てから」と思っていたら、間に合わないかもしれません。

1日でも早く(受験)勉強を始めれば、その分有利なのは間違いありません。

塾通いを検討されているご家庭は、ぜひこのタイミングでのスタートをお勧めします。

当塾でも、夏期講習→9月からの入塾までは受け付けますが、それ以降はお引き受けできない場合もございます。ぜひお早目にご相談ください。

年度の変わり目というタイミングでのお話でした。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

冒頭の写真は、数日前の文化公園の様子。最近、お花見を楽しんでいる人が多いです。

ただ、今日の雨でだいぶ散ってしまうかもなあ~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする