宮崎県の推薦入試が変わる!学校の推薦が不要の自己推薦型へ!

現在、春期講習受講生募集中です!

詳しくはこちらから↓

春期講習のお知らせ


昨日、県から発表があったようです。

県立高校の推薦入試に関する変更ですね。

タイトルにも書いたように、一言で言えば

「推薦入試を受けるのに、学校からの推薦は必要なくなり、自己推薦になる」

ということのようです。

変わるのは来年春の入試から。つまり、今の中2生(新中3生)から。

これは、なかなか思い切った変更じゃないでしょうか!

勝手な予想ですが、おそらく近年の志願者減を受けての変更だと思われます。

少子化、そして私立の人気増という傾向は今後も続きそうな気配ですから、

「県立高校の定員割れも、しばらくは続くかもしれない…その先には、高校の統廃合も?」

なんて風に思っていました。

今回のこの変更によって、来年春の入試、そして志願者数(倍率)がどうなるのか?

学校からの推薦が必要ないとなることで、チャンスを増やすためにほとんど全ての中3生が受験するかもしれません。

また、とりあえず初年度は様子見の生徒(中学校も?)が多くて、そんなには受験者がいないかもしれません。

どうなるのか、大注目ですね!

ところで、その受験者数にも大きく関わりそうなのが、試験の内容です。

まずは、こちらを↓

↑にもあるように新たな推薦入試では、学力検査を実施しないことも可能なようです。

その場合は必ず、適性検査を実施するとも書いてありますね。

発表された資料から、その適性検査に関する内容を書きだすと…

適性検査は、各高等学校の特色に応じて各高等学校長が定める。

例えば、面接、小論文、スポーツ・文化に係る実技、自己表現、実験、総合的な学習の時間の成果発表などとする。

と、ありました。

適性検査の内容は高校ごとに異なるということです。つまり、現時点では志望先の高校がどんな試験を課すのかは、全く分からないということでもあります。

そして、「例えば…」とあるので、ここに挙がっていない種類の試験を実施する高校もあるかもしれません。

ひょっとしたら、一部の学力上位校では学力検査と別に「特色検査」なんかが加わるかも?

特色検査というのは、一部他県で行われている試験のことです。

私は神奈川県の例を知っています。

こちらの説明が分かりやすそうです↓

神奈川県の公立高校入試では、特色検査を実施する高校があります。今年度(2021年度)入試では、19の高校で特色…

宮崎で言うなら、大宮・宮崎西・都城泉ヶ丘あたりでしょうか?

まあ、あくまでも私の勝手な想像ですので、どうなるのかは分かりません。

今後の各高校からの発表を待ちたいと思います!

以上、次年度からの推薦入試の変更についてでした。

今後判明したことがあれば、随時続報をお届けしたいと思います。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする