受験生のための勉強法 ~その3 冬休みにやってはいけない勉強~

シリーズで書いている「受験生のための勉強法」第3弾です。

過去2回はこちらから↓

『冬期講習』受付中です! 12月になりました。今年もあとわずか。 受験生...
『冬期講習』受付中です! 先日の記事に続いて第2弾です。 ...

今日はタイトルにもあるように、この冬休みにやってはいけない(やってほしくない)勉強についてです。

宮崎市内の公立中はちょうど今日から冬休みです。

思いつくまま挙げてみたら5つほど出てきたので、それぞれ簡単にお伝えします。

得意ばかりで苦手なものの勉強をまったくやらない!

過去2回の記事の中でも同様のことは書いていますが、ついつい得意な科目・単元ばかりやりたくなるのが人間です^_^;

苦手なものに取り組むのはしんどいって、誰でも分かってますからね。

すらすらと解ける得意なものに手が伸びやすいのは当然でしょう。

ただ、得意なものの勉強時間を増やしてもここから大幅な伸びは期待できないのも事実。

それよりも、苦しくても苦手なものに取り組む方が伸びる余地は大きいです!

(取り組み方は上の記事の、その1を参考にしてください)

次から次に新しい教材に手を出す!

これは塾に行かずに独学の人に、「あるある」なんじゃないでしょうか?

初めはやる気はあるわけです。

苦手科目をなんとか克服しようという気持ちで、本屋さんで教材を選んで買ってきます。

勢いよく初めの方から解き始めたものの、

「解説が分かりづらい」とか

「問題が簡単すぎる/難しすぎる」とか

「載っている問題が少なすぎる/多すぎる」とか・・・

色々とやらない(やりたくない)理由を見つけ出して、放り出してしまいます。

そしてまた次の教材を買ってきては、少しだけ解いて・・・以下、繰り返し

こうなってしまっては、お金も時間も非常にもったいないです!

これは絶対にやってはいけません!!

これを防ぐための手段は一つだけ!

それは、「今、手元にある教材を完璧に終わらせてから、次にやる教材を探す!」ということです。

「完璧に」というのは、問題を1周解いただけではありません。

最低でも2周、ないし3周はしてください。

そのときに気をつけてほしいのは、「解けなかった問題について解説を読んだだけで分かった気にならないこと」です。

必ずその後、自分でも解き直してみて解けるかどうか確かめること。これが勉強です。

その上で、さらに初見の問題に対して解ける力をつけたいということであれば、次の問題集を買うのも良いでしょう。

ちなみに、ここでいう教材(問題集)というのは「入試レベルの問題が載ったもの」という意味です。

簡単すぎる基礎レベルの問題集ではありませんので、気をつけてください。

完全に受け身の受験勉強しかしない!

今度は逆に塾に行っている人の「あるある」かもしれません。

塾(あるいは学校)から出されている課題や過去問は一生懸命取り組むけど、それ以外の勉強はしない。

塾の冬期講習で長時間勉強はするんだけど、家ではほとんどやらない。

こんな状態になっていたらキケンです!

仮に、同じ塾に行っていて志望校が同じであっても、得意不得意がそれぞれ違う以上は、取り組まなくてはいけない勉強は違って当然です。

与えられたものだけこなして満足せずに、自分がやるべきことは何かを考えて、能動的な勉強をしましょう!

年末年始の勉強時間ゼロ!

うちの塾の今年の冬期講習では、中3生は30日(水)まで授業で、再開が1月4日(月)からです。

つまり休みは4日間だけですが、それでも「勉上時間ゼロの日を作るな!」としばらく前から塾生には言っています。

保護者のみなさんのなかには「大晦日と三が日くらいは休ませてやっても…」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、この期間中も「1日9時間や10時間勉強しろ!」とは言いません。

1日のうち1時間でも2時間でも、あるいはせめて30分だけでも良いので、必ず机に向かう時間を作りましょう。

もちろん30分や1時間だけでは大きな効果は見込めません。

ただ、全く勉強しない日を作ってしまうと、再開後にまたエンジンをかけるのが大変になります。

私立入試まではあと1か月しかありませんし、県立までもあと2か月です。

冬休み明けに再びエンジン全開で勉強するためにも、今年の年末年始はアイドリングは続けておくべきです。

例年なら正月は、帰省したり親戚で集まったりで、受験生にとっては勉強しにくい環境です。

ただ今年はコロナ禍で、大人数では集まりにくい状況です。その点は受験生にとってはプラスでしょうか。

もしそういう集まりを予定しているとしても、できるなら受験生は参加しない方が安心でしょうね。

これを読んでいる保護者の方がいたら、この点も含めて、お正月も受験生が勉強しやすい環境づくりにぜひご協力ください!

朝寝坊・夜更かし→生活リズム乱れまくり!

ラストです。実はこれが最も心配される点であり、最も伝えたい点でもあります。

私が中学生のときには、まさにこんな状態でしたね。

当時はまだネットはありませんでしたが、年末年始は見たいテレビ番組が目白押しで、寝るのは毎日のように深夜でしたね。

そして昼間は親戚の家に行ったり、友だちと遊んだりして忙しかった気がします(^_^;)

そんな感じだと当然勉強に身が入るわけありません。

宿題をやってなくて怒られたという記憶はないので、それはやっていたんでしょうけど、中3のときの年末年始も受験勉強にどっぷり…という感じではなかったんでしょう。

ぜひとも、今の受験生たちはこれを反面教師にしてください!^^;

生活リズムが乱れると、体調を崩しやすくなります。今年は風邪やインフルエンザ以上に気をつけないといけないコロナがあるわけですから、大げさなくらい気をつけましょう!

また、リズムが乱れてしまうと休み明けの学校がしんどいです。

上でも書いたように、1月末には私立の入試です。

休み明けからバリバリと勉強するためにも、この冬休み期間中もこれまで通りの時間に朝起きて、昼間活動し(できるだけ勉強し)、夜は遅くなり過ぎないようにたっぷり寝てください。

以上、この冬休みにやってはいけない勉強についてでした。

受験生のみなさんの参考になるといいです。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

冒頭の画像は、もうすぐ出番の終わるカレンダー(生徒からのお土産)と、また来年まで出番のないクリスマス用のテーブルマット↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする