現中2生へ!「すぐにでも地区実テ対策を開始せよ!」

冬期講習が続いております。

普段のコマ数とそんなに変わらないのですが、やはり講習中の授業はなんだか疲れ度合が違う気がします(^_^;)

ただ、やはり中3生にとっては最後の追い込みの時期です。

うちの3年生たちも疲れた様子は見せつつも、がんばっています!

そのがんばりに応えられるよう、私たちも体調管理を万全にしつつ、年末までがんばりたいと思います!

中2生は年明けに大事なテストが待っています!

というように、もちろんこの時期に一番気になるのは受験生である中3生のことなんですが、同時に中2生のことも気になります。

というのも、宮崎県では中2の1月に「地区実力テスト」が行われるからです。

このテストってどんなもの?という方は、まずこちらをどうぞ↓

↑の画像は、先週、中3生の生徒から見せてもらったプリントです。 来月(6/23-6/24)に実施予定の、「地区実力テスト」の学...

この地区実力テスト(以下、地区実テ)が宮崎県の中学生にとって、どれだけ大事なテストか分かっていただけたでしょうか?

計4回受けるうちの初回を、現中2生は来年1月13日~14日で受けるということです。

さすがに中2生でこのことを知らなかったという人はいないと思います。

が、まだ何の対策もやってないという人は多いのではないかと。

そこで今日は、そんな中2生に向けてこの地区実テ対策の話を書いておこうと思います。

出題範囲は前回とまったく同じ

確認したところ、出題範囲は前回(今年1月実施)とまったく同じでした。

こちらの画像↓を見ると一目瞭然。

今年度は春先に休校がありましたが、その後の授業で遅れを取り戻せたということなんでしょうか?

ただ生徒たちに聞いている話では、教科によってはかなり駆け足で進んでいて理解できていない子が多かったり、十分に時間かけてやってない単元もあったりするということなので、少し不安です。

しかし範囲が発表された以上は、それに対応できるように準備しておかなければなりません!

対策はとにかく苦手な単元・科目から

上のリンク記事にも書いたように、まず取りかかるべきは自分の苦手な単元からです。

テストに向けてのモチベーションを苦手克服に活かそうという作戦です。

3年生に進級する前に、これまで習った範囲中の苦手をつぶしておければ、来年の自分をうんと助けてくれることにもなります。

そう思って、ぜひ今までさけてきたような苦手な単元や科目の勉強に、この年末年始でがんばって取り組んでいきましょう!

予想しやすい問題は確実に正解できるよう準備を!

次にやってほしいのが、これです。

出題範囲とともに、「学習のポイント」という紙が配られているはずです。

それを見れば、かなり具体的にどんな問題が出題されそうかを予想できます。

たとえば、英語を例にとると↓

黄色で線を引いたところが良い例です。

たとえば真ん中あたりに

「主語+動詞+人+もの」を表す文の語順を確認しておこう。

とあります。

いわゆる「第4文型(SVOO)」の文ということですね。

その1行上を見てもらうと、

「3 適語補充・語句の並びかえ・条件英作文」

となっています。

ということは、このいずれかのパターンで答えさせる問題ということです。

ここまで分かっていて、勉強しないなんて損です!

テストで間違ったとしたら「もったいない!」では済まされません(>_<)

中2生のみなさんは「学習のポイント」の紙を、もう一度すみずみまでじっくりと見てください!

そして予想しやすそうな問題があれば、ぜひ積極的にその単元の勉強を!

過去問が手に入るなら、やってみよう!

最後にこれを。

もし過去問が入手できるようなら、一度挑戦してみるのも良いと思います。

前回の問題は、今年の1月に現中3生たちが受けてますので、お兄ちゃんかお姉ちゃんが1つ上にいたらすぐに手に入りますね。

いとこや他の親戚でも。あとは部活の先輩とか。

塾に行っている人は、塾の先生に聞けばおそらく持っていると思われます。

もうすでに塾で解いたという人もいるかもしれませんね。

ちなみにうちの塾でもすでに国語以外の4教科については解きました。

過去問をやる目的は、あくまでも「腕試し」と「慣れるため」です。

出題範囲が同じでも、前回とまったく同じ問題が出ることは当然ありません。

あとは必ず時間を計って取り組んでください。1科目=50分です。

時間配分がうまくいくかどうかのリハーサルもするとよいでしょう。

もし過去問が手に入らなくても気にする必要はありません。繰り返しますが、まったく同じ問題は出ませんから。

その場合は、今年の自分が受けたテスト(定期テストや校内の実力テストなど)を、もう一度やってみるでもよいでしょう。

そこで改めて苦手なものに気付けば、ぜひ取り組んでみてください!

以上です。

現中2生のみなさんは年が明けたら受験生になる学年です。今のうちからがんばることが、来年の自分を助けてくれます。がんばってください!!

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする