テスト範囲が出てなくても、テスト勉強は始めたっていいんだよ!

すっかり秋めいてきましたね。

先週、うちの塾生にも数名風邪をひいて休んだ子がいました。皆さんも、風邪をひかないようにご自愛ください。

さて、今日は定期テストに関する話です。

今年はコロナ休校の影響もあり、中学校によっては定期テストの回数を減らしている学校もあります。

昨年も、その前年と比べると減ったところもありました。それは、昨年のG・W(ゴールデンウィーク)が10連休と大型連休だったのが主な要因でした。

そのため、例年だと年間の定期テストが5回だった学校は4回に、4回だった学校は3回にと減っていたのが昨年の状況でした。

平成最後の日です。 あと数時間で令和がやってきます。 そんな日に、平成感たっぷりwのタイトルでお届けします。 ...

さて今年です。おおむねどこの学校も、3回実施になっているようです。

5月(済み)、11月(予定)、2月(予定)という形がほとんどです。

というわけで、次回(11月中旬あたり)のテストまで残り1か月を切ったところです。

テスト範囲は自分でも予想しよう!

さて、現在はそういうタイミングなわけですが、当然まだ「テスト範囲」は明らかになっていません。

だからと言って、テスト勉強を始めない理由はどこにもありません!

「範囲が出らんと、どこやったらいいか分からんも~ん」

なんていう甘えたことを言う子がいたら、ピシャっと言ってあげてください(^^)/

「前回の範囲の次からやろがい!\(-o-)/」と。

範囲が「どこまで」になるのか分からなくても、「どこから」始まるのかは分かるはずです。

十中八九、前回(5月)のテスト範囲の最後だったところの次からでしょう。

6~7月で勉強したところは夏休み明けのテストで定着度を見て今回の範囲には含まないという学校も、なかにはあるかもしれませんので断言はできませんが。

ただ、各中学校の進捗具合を見てみると、そういった学校は多くないように思います。

よって、前回のテスト範囲の最後だったところの次から勉強しておくべきだと考えます。

ワークは授業の記憶が新しいうちに解け!

さあ、どこからやればよいのかは分かりました。

では次に何をすればよいか?

塾に行っている中学生はそれぞれ指示されているでしょうけど、行ってない子のために書いときましょう。

ズバリ、「学校のワークを解け!繰り返し解け!」です!

当たり前すぎる答えですみません。

が、これに尽きます。

定期テストの問題の大部分は、学校で配付されているワーク(学習帳)から出ます。

私個人の考えでは、定期テストというのは「真面目さを図るテスト」だと捉えています。

思考力や発想力などを問うというよりも「どれだけ真面目に準備をしてきたか」という面を重視するものです。

考えてみてください。

定期テストでは「どこからどこまでが範囲」とか、「このプリントから何点分出します」とか、「こういった形式の問題を出します」といったことを事前に細かく教えてもらえます。

大人になってから受けるどんな試験も、そんな有難いことはまずありません。

そこまで教えてもらえているのですから、真面目に準備しておけばある程度の点数は絶対に取れます。

もし取れないなら勉強時間が足りないか、勉強の仕方がまずいのか、その両方か、です。

夏期講習および7月13日(土)「速読講座 説明会・体験会」のご案内はこちら↓ 夏期講習のお申込み締切→7月16...

さあ、その学校ワークですが、テスト前にあわてて終わらせているようでは話になりません。

授業で習ったら、忘れないうちにその範囲を解いていくことが大事です。

「鉄は熱いうちに打て」と同じように、「記憶が新しいうちに解け」というわけです。

時間が経ってしまうと、授業中には分かったんだけど、いざ問題に向かうと分からない…

なんてことになってませんか?

習ったら、忘れないうちにすぐ解くのがお勧めです。

ただし教科坦の先生によっては、ワークの進め方もそれぞれきまりを作ってらっしゃる場合もあります。

勝手に進めたら怒られるかもという場合は、予め了解を取っておくほうが良いでしょう。

今回のテスト勉強を頑張るべき理由は…

どこからやるべきか分かった。何をやるべきかも分かった。

これですぐにでも開始できますね!

実は、今回のテスト勉強を頑張ってほしいのには理由がありまして…それは以下のようなことを想定しておかなくてはいけないからです。

コロナの第3波(第2波?)が来ていて、また休校になるかもしれない。

ひょっとすると、2月の定期テストは実施されないかもしれない。

11月が悪くても、2月で挽回というパターンが無いかもしれない。

後期の評価(通知表)は、11月のテストだけでつけられるかもしれない。

というわけです。

まあ、今回だけでなく毎回頑張ってほしいのが本音ですけどね(*^_^*)

ただ、冗談抜きで「再び休校」という事態にならないとは誰も言い切れないわけです。

仮にそうなったとしても困らずに済むように、今回のテストに全力で取り組んで、自己ベストを出すつもりでやってもらいたいです!

以上、次回の定期テストに向けてのお話でした。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする