令和2年度宮崎県立高校一般入試の倍率(変更前)が発表されました。

先ほど(16時頃)、県より今年の県立高校一般入試の志願状況(変更前)が発表されました。

全体の情報はこちらからどうぞ↓

令和2年度県立高等学校生徒募集(令和2年春入学生)に係る情報提供

いつものように、宮崎市内の学校に絞ってまとめてみました。

比較しやすいように、昨年のところをオレンジで、今年の分をグリーンで色付けしてみました。

今年の分と比較できるように、過去2年分も合わせて載せてあります。

ちなみに過去2年分は、志願変更後の最終の倍率となっています。

今年も、今日の発表を受けて若干の動きはあるでしょうが、例年そう大きくは変わりません。

たまに、5人以上がその学科から別に変更するようなケースも見られますが、だいたいは動いても2~3人という場合がほとんどです。

志願変更をする場合は、期日に注意!

ところで今年は、明後日21日(金)と週明け25日(火)のみの受付で志願変更が可能です。

実施要綱によれば、「土・日・祝日は受け付けない」ということです。

そして、最終日=25日(火)は午前9時~正午(12時)までの受付です。

(郵便でも、25日正午までの消印があるものに限り有効)

となると、受け付けてもらえるのは1日半しかありません。

変更する可能性のあるご家庭は、すでに話をしているとは思いますが、急いで中学校の先生とも相談して速やかに動けるようにした方が良いでしょうね。

もう明日中には結論を出して、明後日には高校に出せるのが理想でしょう。

今日の発表(倍率)を見ての所感

ところで、今年の倍率を見て思うところを挙げていこうと思ったのですが・・・

目立って気になったところがない、というのが正直な感想です。困りました^_^;

とは言え、いくつかは触れておきましょうか。

その1 倍率が2倍を超えた学科が無い

去年までは、チラホラと2倍以上の倍率になる学科があったのですが、今回は県内全体で見ても1つもありませんでした。

やはり少子化の影響でしょうね。

県内の15歳の人口を調べてみると、平成元年で約2万人だったのが、平成10年で約1万6千人、平成20年で約1万2千人、平成30年で約1万人と30年間で半減です。

もちろん高校の定員も縮小してきたのでしょうけど、それでも高校に(その先の大学にも)入りやすい時代と言えるでしょう。

「選ばなきゃ、どこかには入れる」という状況だからこそ、「行けるところに行く」のではなく「行きたいところに行く」「行けるだけの実力をつける」ことが大事なんだと思います。

その2 反動があったかもしれない学科

反動というのは、「去年が倍率が高かったから、今年は敬遠する人が増えて倍率が下がる」、あるいはその逆といった現象のことです。

その現象かな?と思われるいくつかの学科を挙げてみると・・・

【宮崎工業】

機械科  (去年1.46倍→今年0.97倍)

電子情報科(去年0.96倍→今年1.27倍)

【宮崎商業】

商業科  (去年0.92倍→今年1.42倍)

【佐土原】

産業デザイン科(去年1.29倍→今年0.79倍)

といったところでしょうか。志願変更があるとすれば、特に倍率が今年上がった学科からが多くなるかもしれません。

その3 宮崎北高の志願者は例年並みに落ち着く

個人的に注目していたのが、宮崎北高の倍率です。

なぜなら、北高は今年から傾斜配点(数英のみ1.5倍)を取りやめたからです。

傾斜配点をしないのは、市内普通科4校の中では北高だけです。

そのことによって「普通科に行きたいけど、数学や英語が苦手」という生徒の人気が集まるのでは?と予想していたんですが、ほぼ例年と変わらずでした。

関連記事↓

今日はいつもより少し早めに家を出ました。 目的は宮崎北高で行われた「塾関係者向け説明会」に参加するためです。 ...

北高志願者にとっては、その方が良かったでしょうけどね。

以上です。

くり返しになりますが、志願変更があって、最終的な倍率が出ます。とは言え、今日出た数字から、そう大きく変化はしません。

倍率というのは受験生たちはもちろん、ご家族のみなさんも気になるでしょうが、ここまで来たらジタバタしても仕方ありません!

これまでの努力を信じて、本番で全力を尽くすだけです!

もちろん、まだ2週間ありますからここからだって伸ばせる可能性はあります。まだまだ気を緩めずに、勉強を続けなければなりません!

あとはとにかく、体調管理に気をつけましょう!

安倍さんじゃないですが「不要不急の外出」は避けましょうね!新型コロナだけじゃなく、風邪やインフルにも絶対かかりたくない時期です。

入試まで、いよいよ2週間。受験生のみなさんの健闘を祈ります。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする