学校ワークを2回やる方法 おススメはこれだ!

おとといは日曜日ですが「自習室開放日」でした。

とは言え、塾生でまだ定期テストが終わっていない学校の生徒はあと1人だけなので、その日来たのは1人です。

1人でも、黙々と自習をしていきました!主に実技科目の勉強をしていたようです。

と言うのも、5教科(国社数理英)の勉強はすでにワークを2回ずつ解くなど、ほぼ完了しているため、この週末は実技科目に重点を置いてやろうということのようでした。

感心感心(*^。^*)

さて、当塾では定期テスト前には、学校で配付されるワーク(問題集)を繰り返し(最低2回)解くように指導しています。

また期日を設定して提出してもらい、進み具合をチェックするようにもしています。もし、期日が守れなかった場合はペナルティー(自習時間を増やす)アリです。

先週が定期テストだった学校の生徒たちも、当然このように2回、3回とワークに取り組んでもらいました。

が、「一度目を直接ワークに書き込んでしまうと、2回目以降がやりづらい問題」から、どうしても逃れられません^^;

何とかこれを解決する方法がないかと色々ネット上をさまよってみました。すると、やはり皆同じように困っているみたいですね。

同じ学生同士、全国どこでも同じなんだなぁ~(^-^)

そこで、この問題をズバリと解決できる方法が無いかと考えてみました。そして、私なりの一番良いと思う方法について、結論を出しました。

ですが、その前に従来行われている方法について、まずは紹介してみましょう。それらと比べることで、私の考えた方法のメリット・デメリットも分かりやすくなりますからね!

では、いきます!

エントリー№1 「1回目をノートに。2回目をワークに。」

もっとも基本的な方法でしょうか。

これはお金がかからないですし、間違いなく前回の答えが目に入ることなく2回目を解けるという点では、非常に優れています。

ただし、弱点としては・・・時間がかかることですね。

1回目を終わらせるのに手間取っていると、そもそも定期テスト前に2回目が終わらなかったり、学校の提出期限に間に合わなかったりという事態が起こり得ます(>_<)

全国で地域差があったり、学校や先生ごとに違ったりもするでしょうが、だいたいはテストの前後に提出させるところが多いでしょう。

それに間に合わなかったら、内申にも影響が出そうですし、そもそも定期テストも苦戦してしまいそうです。

ある程度しっかり自己管理やスケジュール管理ができる子には、おすすめの方法でしょうか。

エントリー№2 「1回目をワークに。2回目は折り曲げたり、ふせんを貼って隠したりしながら。」

これも良く見る方法です。実際にうちの塾でも、こうしている子もたくさんいましたね。

多少、折り目がつくことを気にしなければ、折り曲げて隠すのは良い方法です。

しかし解答欄の位置などによって、全ての科目、全てのページにはうまく使えないという弱点があります。

また、ふせんを貼るのも、問題まで隠れてしまって解きづらかったりするので、どのページにも対応できるわけではありません。

また、大きさを変えて複数の種類や、ある程度の数をそろえないといけなくなるので、多少のお金がかかります。まあ、100均で買えば・・・と思いますが、中学生のお小遣いでと考えるとすすめづらいわけです。

あとは隠していても、見ようと思えば答えが見えてしまうのも弱点でしょうか(^_^;)

見るつもりなくても、見えちゃうこともありそうです。

エントリー№3 「まずコピー。1回目をワークに。2回目以降はコピーに。」

お金と手間を惜しまない、というのであればこの方法が最強ですね。解く前の状態でコピーしておけば、2回と言わず何回でも解くことができます。

コピー機能付きのプリンターがあるご家庭ならば、コンビニなどでコピーせずにすみますね。

弱点もズバリ、お金と手間がかかり過ぎるという点です。

エントリー№4 「オレンジペンで書き込む。2回目は赤シートで隠す。」

オレンジやピンクのペンで書いたものは赤シートで隠せます。

また、チェックペンというものがあれば、黒で書いたものを上から塗れば、やはり同様に隠せます。

ここ最近、授業日以外にも自習に来る生徒が増えてきています。 それは大変嬉しいことなんですが、途中途中で 「はさみ貸してください」...

これを使って取り組む方法ですが、おそらく弱点としては学校の先生にダメと言われるかもしれない、という点でしょう^^;

せっかく真面目に解いたとしても、全てオレンジで答えが書きこんであったら答えを丸写ししたんじゃんないかという疑いから逃れられません(>_<)

それが無ければ、良い方法なんですけどね~。

さて、ここまでが私が知っていた従来の方法です。

では、次にいよいよ個人的にベストだと思う方法を紹介します!

エントリー№5 「1回目をワークに。2回目はクリアファイルをかぶせて、水性マジックで答えを隠して。」

これです!

実は先日、ネットで色々情報を探していたときにこの方法を挙げている人がいて、試してみようと思いました!

そこでまず、100均(今回はダイソー)に行って、色々買ってきました。

エントリーしたものたちは、まず透明で表面がツルツルしたもの各種↓

水性の黒のペン各種↓

仮にワークのこのページ↓の2回目をやるとします。1回目を直接書き込んでいるという想定です。

まず、透明のものをかぶせて、答えの部分が隠れるように黒ペンで塗り(線を引き)ます↓

これで、2回目を解くときに前回書いた答えを見ずにできるという作戦です。

さてこのページが終わって、次のページをやるときにはどうしたら良いかと言うと・・・

ウェットティッシュで消せばいいんです!簡単にキレイに消えます。

間違えないようにしないといけないのは、油性ペンじゃなくて、水性のペンを使うこと。

例えば、1時間経っても大丈夫です。実験してみました!

この状態で1時間ほど放置したあと・・・↓

こんな感じでキレイに消えました!↓

今回、何種類か試してみて、最も使いやすいコンビを決定しました!こちら↓

透明ツルツルのものは下敷きやカードケースよりも、断然クリアファイルが使いやすいですね。

なぜかと言うと、黒で塗る(線を引く)ときに、クリアファイルだとページをはさみ込めるため、ズレにくいからです。

あと、黒ペンも普通のマジックが一番使いやすいですね。解答欄が大きいところも、小さいところも、太さを使い分ければ隠しやすいです。

さて、この方法の弱点としてはですね・・・

ページを移るたびに消して、塗って、また消して、、、を繰り返さないといけないことと、不器用な子は手が汚れてしまうかもしれないということですね(^_^;)

ただ、上に挙げた1~4の方法と比べても、総じて優秀な方法じゃないかと。

まず、第一にお金も手間もそんなにかかりません。道具は2つ(クリアファイルと水性黒マジック)だけ。(あとウェットティッシュも。)しかも、繰り返し使えます。

それに、1回目を直接書き込めるので、学校の提出に遅れることがないでしょう。№1の方法の一番の弱点はそこです。

そして、オレンジペンなどではなく、ちゃんとシャーペン(鉛筆)と赤ペンでやってあるので、学校の先生に提出する際も問題ありません。

問題がたくさんあるようなページでも問題なし! こんな風↑に解答欄が散らばっていると、折り曲げたりふせんを貼ったりして隠すのも一苦労です。が、この方法なら、ものの5秒で隠せちゃいます!

外すと、こんな感じ。黒く塗った部分は、この後問題なくキレイに消えました!

しかも、ページの作りが同じようになっているワークなら、もっと良いです。

たとえば、↓のように左側に問題、右端に解答欄のようになっているもの、多いですよね!

次のページをやるときに、多少隠れていないところがあったりしても、そこだけ塗ってあげれば良いのです。

というように、同じ作りのページを連続でやる場合には、いちいち消す必要もなくスムーズにできます!

なんなら、その科目用のクリアファイルを一度作ったら、それは消さずに残しておいても良いですね!

そう考えると、クリアファイルは複数枚買っておくのがよいかもしれません!

ちなみに私が100均で買ってきたのは、10枚入りでした。

以上です。学校ワークを2回やるための、おススメの方法についてでした。

さっそく、うちの塾生たちにもすすめてみたいと思います。

実際やってみての感想などが聞けたら、またお知らせしますね(*^。^*)

思いがけず、長くなりました^_^;

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする