目標は抽象的な言葉じゃなく、具体的な言葉で立てよう!

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

今日から、冬期講習が再開しました。

久々の(と言っても、5日ぶりですが)授業は楽しかったです(*^。^*)

楽しかったのですが・・・

少し休みボケっぽい生徒もいたため、軽くお説教もしました(^_^;)

ま、想定の範囲内です。

が、想定外だったのは、3年生にもそういう生徒が数名いたこと(T_T)

ったく!!<`~´> 今やらないで、いつやるんでしょうか?

そんなに余裕ぶっこいていられるほどの実力があるわけじゃないでしょうに(ー_ー)!!

少々腹がたったので(ガツンと言いたい気持ちを抑えつつ)、発破をかけときました。

とまぁ、グチはこれくらいにして・・・

それとは別に今日、3年生に話したことについてのお話です。

正月にはよく、「一年の計は元旦にあり」と聞きますよね。

もう今日で4日なので、元旦はとっくに過ぎてしまいましたが、目標を立てるのに遅すぎるということはないでしょう。

そこで、当塾の受験生たちに以下の話をしました。

抽象的な言葉でなく、具体的な数字で目標を立てよう!

「正月だし、各自目標を立ててみよう」

「そのときに大事なのは、あくまでも数字で語れるものにすること」

「よくある『しっかり頑張る』とか『一生懸命やる』とか『死に物狂いで努力する』とかっていうような目標じゃダメだ」

「たとえば『毎日、最低3時間は勉強する』とか『1日で問題集を何ページ進める』とか『偏差値を今よりいくつ上げる』とかいう風に、具体的な数字・数値で見えるものにしなよ」

と、いう感じで話をしました。

ちゃんと意図が伝わったかどうかは正直、分かりません(^-^;

もうちょい詳しく説明した方がよかったかなとも後で思いましたが、その時には時間が足りませんでした。

なので、ここでちょっと補足しておきましょう!(*´▽`*)

抽象的な目標だと、ぼんやりとした努力になってしまう。

なぜ、目標を立てる際に抽象的なものではダメなのか。

例を挙げると、たとえば「痩せたい」という気持ちがあるとします。

というか、そう思わない人の方が少数派ですよね?(*^^*)

その気持ちがあっても、なんとな~く「痩せたいなぁ~。ダイエットしなきゃなぁ~」と思ってはいても、実際の行動に移すことはまず無いでしょう。

「痩せた自分」という理想形はぼんやりと描けていても、そこに至る道筋が見えていない状態と言えばよいでしょうか。

そうすると何をしたらいいのか、何をすべきじゃないのか、ということが不明確です。

結果、具体的な行動に移れぬまま、多くの場合「ダイエットは明日から!」ということになるわけです(^-^;

それが逆に、具体的な目標を立てたとします。

たとえば「寝る2時間前以降は、絶対に何も食べない」とか「毎日、5㎞走る(歩く)」とか「缶コーヒーは1日1本まで」とか「間食は絶対禁止!」とか・・・etc

そうすると、その目標を実行するためにやるべきことが明確化されます。

一つ例を挙げた中から取り上げると、「毎日、5㎞歩く」にしましょうか。

これを達成するためには、どうすべきか考えてみるわけです。

たとえば・・・

「毎日、5㎞歩く」(そのためには、家を〇時に出て■時までには戻ってこないと出勤に間に合わないから・・・)

「朝5時に起きる必要がある」(そのためには、最低7時間は寝たいから・・・)

「遅くても夜10時には寝る」(夕食と風呂その他で、最低2時間はかかるから・・・)

「遅くても夜8時には帰宅したい」(残業しても1時間までにしないといけないから・・・)

「残業をなるべくしないように、昼間の空き時間を使ってできる仕事はどんどん片付ける」

といった感じです。まだまだ無限に続けられそうですよね?

こういう風になったのは、初めの「毎日、5㎞歩く」という目標が具体的な数字になっているためです。

これが仮に「痩せるまで、ウォーキングを続ける」という目標だったとしたら・・・

何時にスタートするのか、一日の中のどの時間帯なのか、雨の日はどうするのか、どれくらいの距離歩くのか、いつまで続けるのか・・・といったことが決まっていきません。

そうすると、結局やっても三日坊主でしょう。

えぇ、お察しの通り、自分にブーメランが飛んできそうで避けるのが必死です(≧▽≦)

勉強の目標を達成するためには、日々の生活の見直しから。

勉強だって、ダイエットと同じです。

上に挙げた例のように考えなくてはいけません。

たとえば「毎日3時間勉強する」なら、

「一日の中のどの時間帯で、どれだけやれば良いのか」とか

「そのためには今の生活のどこの時間を削る(無くす)必要があるのか」とか

「そのためには、何時に寝て何時に起きるか」

といったことを考えないことには実行できません。

具体的な(数字を含む)目標を立てることによって、やるべきことが明確化されます。

受験生に限らず、学生諸君はぜひこの考え方を覚えておいて真似してください!

もちろん、ダイエットしたい大人の方々も(笑)

今年、何か叶えたい目標がある方はぜひ、具体的な目標を立てて頑張りましょう!!

もちろん私もそうします!(^^)/

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする