宮崎市内普通科4校の大学合格実績を比較してみた。

冬期講習真っ只中です。

講習中の忙しさの中で、今日のテーマに手を出すのは・・・正直、自分で自分の首を絞めるようなもんです(^_^;)

でも思いついてしまったので、忘れないうちにやっときましょう!

今日のテーマは何かと言うと、「宮崎市内の普通科4校の大学合格実績比較」です。

本来はもっと前にやろうと思っていたこのテーマ。

延ばしのばしになっていて、気が付けばもう年末(・.・;)

正直、現中3生のみなさんはもう志望校は決まっているでしょうから参考程度に見てもらえればと思います。

どちらかと言えば、中1~2生のみなさんが今後志望校を考えていく際の一つの目安にしてもらえたらと。

実績があるからといって、自分も受かるとは限らない。

ただ、気をつけてもらいたいのは、

「▲▲大学には〇〇高校からの合格者が多いから、自分もあそこに行けば受かる」

というわけではないということ。当たり前ですけどね。

結局、どこの高校に入っても、そこで自分がどれだけ行きたい大学に向けて気持ちを高められるか。

もっと言えば、どれだけブレずに勉強できるかが大事だということは、志望大学がどこであっても変わらないでしょう。

塾に通っている多くの人にも同じことが言えるかもしれません。

塾に通って(さえ)いれば、それだけで受かると思っている人は危険です。

結局は、その上で自分がどれだけ努力したか、ですからね!

人は環境に左右されてしまう生き物。

じゃあ、何のために合格実績を比較するのか?

それは、実績を見ることで、それぞれの高校での大学入試への力の入れ具合だったり、勉強に対する雰囲気だったりを多少なりとも伺い知ることができるだろうと思うからです。

特に、その学校全体でどれくらい「大学入試に向けて頑張ろう」という雰囲気があるかどうかは大事なことだと考えています。

もちろん、極端に言えば、どの高校からでも東大を目指せます。本人にやる気があれば。

でも、周りが少しも勉強する雰囲気がない中、一人だけで黙々と勉強し続けるというのは至難の業でしょう。

人間は周りに流されてしまいやすい、環境に左右されやすい生き物です。

逆に、周りも頑張っていれば、自分も自ずと頑張れるという効果が期待できます。

それこそが、それなりのレベルの大学への進学を目指している人が、普通科高校を志望する理由の第一ではないでしょうか。

過去3年分の合格実績合計

さて、前置きが長くなりましたが、実際の数字を見ていきましょう!

まずはここ3年間の合格実績の合計の数です。

数字は全て、各高校のHPで公開されているものからです。間違っていたらすみません。

こちらです↓

大宮 西
国公立 私立 国公立 私立 国公立 私立 国公立 私立
H31 199 194 229 182 104 149 88 227
H30 196 147 252 185 128 191 124 175
H29 168 186 226 147 117 171 97 203
3年間計 563 527 707 514 349 511 309 605

H31とあるのが、今年(2019年)の3月に高校を卒業した学年です。

それぞれ国公立と私立を分けて載せてあります。

特に私立は、生徒一人が複数合格している分もあるでしょうね。

ちなみにこの数字は、現役の高3生のみの実績です。

HPにはそれぞれ「過年度生(浪人生)」の数も出ていますが、この表には含んでいません。

今、これを書きながら思いついたのですが、現役での合格率を出してみるのも良いかもですね。また、今度集計してみましょう。

大学別合格者数 3年間合計

さて、次に主な大学別の合格者の合計数も出してみました。上と同じ期間のH29~31の3年間の合計です。

4高合計でも数が少ない大学は除いてありますm(__)m

国立、公立、私立で分けてあります。

こちら↓

大学名 大宮 西
国立 筑波大 14
千葉大 0 0
東京大 10 18 0 0
横浜国大 5 4 0 0
京都大 2 9 0 0
大阪大 17 8 0 0
神戸大 11 2 1 0
広島大 28 10 4 3
福岡教育大 15 11 8 3
九州工業大 11 15 11 6
九州大 54 55 0 5
長崎大 13 16 6 8
佐賀大 8 12 4 3
熊本大 58 71 19 21
大分大 16 30 15 6
宮崎大 121 177 81 112
鹿児島大 60 61 48 17
公立 首都大学東京 4 5 1 0
北九州大 15 12 18 16
福岡県立大 8 4 5 2
宮崎公立大 12 26 32 23
私立 青山学院大 4 0 0 1
慶応義塾大 3 5 1 0
中央大 21 4 1 0
法政大 17 2 0 0
明治大 10 6 5 2
早稲田大 12 7 3 0
同志社大 15 4 1 0
立命館大 30 3 2 2
関西大 8 2 0 0
関西学院大 15 10 3 0
久留米大 12 13 23 30
西南学院大 52 22 15 9
福岡大 87 46 43 38
崇城大 16 18 21 5
九州保健福祉大 16 30 26 11

これを見て分かるのは、やはり地元の宮崎大学、宮崎公立大学の合格者が多いということがまず一点。

そして、(ざっくりと言えば)九州大学以上のレベルの大学を狙うならば、やはり大宮か西高

のどちらかを目指したい、ということでしょうか。

「市内4校と言っても、現在は二極化している」という状況だと聞いていましたが、こうして数字で見てみるとそれが分かりますね。

宮崎市内普通科4校の大学合格実績の比較についての話でした。

現中1~2年生が、来年や再来年に志望校を考える際に参考になれば幸いです。

来春には、今年度分の実績が出るでしょうから、その時にはまた改めて集計してみましょう。


ちなみに今日のアイキャッチの画像は、太宰府天満宮の写真です。

「受験生頑張れー(^O^)/」という気持ちで載せてみました!

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする