早めの準備で次回の定期テストを迎え撃とう!

昨日今日と、中3生たちは「地区実力テスト」でしたね。

手応えはどうでしたか?

さて、ほっと一息つきたいところでしょうが、そういうわけにもいきません!

なぜなら、次の定期テストがあと3~4週間後に迫っているからです!

3年生にとっては「またテスト~(ーー;)」といったところでしょうね。

ただ、グチを言っても一点の足しにもなりません。

条件はみな同じです。

今のうちから早め早めの準備をしていきましょう!!

と言うことで当塾では、昨日と今日で中学校の各学年に対して「定期テスト対策」についての説明をしました。

前回(7月)のときにはまだ入塾していなかった生徒もいますし、前回のやり方からマイナーチェンジしたところもあります。

みな、しっかり説明を聞きつつも、これから忙しくなることに対して「うへ~(+o+)」という分かりやすいリアクションの生徒もいましたね(苦笑)


ちなみに当塾の定期テスト対策は、学校ごとに過去問を集めたり、週末に中学校別に生徒を集めて対策授業をしたり、といった形ではやりません。

これは塾ごとに色々と考え方があると思いますが、開塾の際に、そういった形での対策はしないと決めました。

手取り足取りではなく、生徒自ら勉強の内容も考え、勉強に取り組んでもらえるような形にしたいと考えて工夫をしてあります。

もちろん、好き勝手に勉強させるということではなく、ある程度は勉強方法やバランスなどについては指摘もします。

そして、必ず全員に「一定以上の勉強量(時間)の確保」をさせています。

1コマ50分の自習を24コマが「必修」です。

そもそも言われなくても、自宅で十分な時間勉強できているご家庭ならば、塾へ行こう(行かせよう)とはならないはずですよね。

そうではないからこそ、塾へ行くということになったのだと思います。

先週の授業中のことです。宿題を出したら、ある生徒が言いました。

「しんど…。」

それに対して

「しんどいから良いんだよ。しんどいことは自らやろうと思わないでしょ?」

「それを『嫌でも、やらなきゃいけない状況にしてくれる』っていうのが、塾に来るメリットの一つだからね。」

と言っときました。

定期テスト直前になって、焦ってやっても間に合いません。

早めに取り掛かっていけば、慌てずに取り組めるはずです。

勉強にはフライングはありませんからね。

塾生たちは、学校のワークを習った範囲からどんどん終わらせていくんだよ!

当塾の定期テスト対策の中身についてはこちらをご覧ください。

上のロゴは、ア○ンジャーズではありませんよ!よく見てください! 「ガリベンジャーズ」です! 私がア○ンジャーズが好きだか...
今日は昨日の話の続きです。 昨日の記事はこちら↓ 当塾の定期テスト対策に関して、なぜこのような取り組みをすること...

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする