コツコツ=勝つコツ!

先週のことです。

嬉しい驚きがありました!

夏休み明けに各中学で行われた「課題テスト」の結果がちらほらと返ってきました。

その名の通り、「夏休み中の課題から出題するぞ」という趣旨のテストですね。

(中1~2生がこの「課題テスト」を受けて、中3生は「地区実力テスト」です。)

問題を見る限り、業者が作ったものをそのまま使っているようです。

そのテストの出題は、その学年で4月から夏休み前までに習った全範囲からされているようなので、必ずしも、出された課題とテストでの出題がぴったり一緒というわけでもないようです。

ということは、夏休み中の頑張りだけではなく、4月から積み上げてきた努力の量や質が問われるテストと言うことができるのではないでしょうか。

多少、大げさかもしれませんが、概ね間違ってはいないでしょう。

ところで、定期テストは、前もって結果が返却されたら必ず塾へ持ってくるように言ってあるので、全員が持ってきます。

ですが、今回は事前に生徒たちに伝え忘れていたので、自主的に持ってきてくれた子もいましたが、すでに学校へ返却してしまった子もいました。

失敗しました(^_^;) 来年からの教訓にしたいと思います。

さて、先週のことです。

その日は中1生の授業がある日でした。

塾に来た中1生たちに順番に「テストの結果あったら、持ってきて」と声掛けをしてたらですね…

中1Sさんの快挙!

中1Sさんがやって来たので、声を掛けました。

私「Sさん、テスト結果返ってきてる?」

S「あ、返ってきたけど、もう学校に出しました」

私「そっか、残念。点数とか覚えてない?」

S「点数は細かくは忘れたけど、順位は覚えてます」

私「お!何位だったの?」

S「4位です」

私「(よ、4位!?一気に!?) すげー!やったじゃん!\(^o^)/!」

S(照れ笑い)

なんと、学年4位!すごいですね~(^^♪

7月にあった定期テストの際には61位でしたから、その上げ幅はまさに嬉しい驚きです!

いや~頑張りましたね!

実はSさんと同じ西中生が、1年生の中では最も人数が多いです。

これまでは、男子のHくんが塾内トップを走っていたのですが、Hくんは今回、学年5位。

なんとSさんに抜かれたという格好です。

5位でも、もちろん立派ですが、Hくん自身はやはり悔しそうでした。

ちなみに、7月の定期テストではHくんは2位でした。

学年1位だったのは、うちの生徒ではありませんが、今回の課題テストでは3位に後退したらしいです。

上位陣で激しい競争が繰り広げられている模様です。

そこに今回、Sさんが名乗りを上げたということですよね!

そんな風に、互いに刺激となる相手が身近にいるというのは、良い環境だと思います。

次の定期テストの結果が楽しみです。

もちろん、2人だけではなく、他の生徒の頑張りにも期待してます!

Sさんがここまで順位を上げた要因は

さて、今回ここまで一気に順位を上げたSさん。

それは決してまぐれではないと思います。

実は、夏期講習の最後に受けた模試の結果も、好成績でした。

その時から、力がついてきたなとは感じていました。

また、その模試のやり直しをやってノートを提出させていますが、そのノートも非常に丁寧に書き込まれていました。

Sさんは、元来「ひらめき」よりも「じっくり」派だと、授業中の様子を見てて思います。

難しい問題とかだと、時間はかかりますが、簡単に諦めてしまうということがありません。

時間はかかっても、一つひとつ丁寧に取り組みます。

また、こちらが「こうしなさい」と指示すれば、その通りに取り組んでくれています。

「素直さ」というものも、出来ないものを出来るようにしていく過程では重要な要素だと考えます。いわゆる「守破離」の「守」の段階ですね。

以前にも、「守破離」については書いてます。

昨日のことです。 定期テスト2日目を前にして、自習に来ていた二人の男子生徒がいました。 二人は同じ中学なのですが...

そういった日々の積み重ねが、今回の結果につながってくれたのだと思います。

それが、今日のブログのタイトルの意味です。

「コツコツ=勝つコツ」です!

決して、夏休みの間だけ頑張ったおかげで一気に伸びたのではなく、夏休みに入る前からコツコツ続けてきた努力の積み重ねが実を結んだ、ということでしょう。

ただし、Sさんの場合はこの数か月ではっきりと結果に表れましたが、これは人によってかなり差が出るだろうなとも思います。

いわゆる「大器晩成」というように、力がついて、それが結果に表れてくるまでに、もっと長い時間が必要な子もたくさんいるでしょう。

大事なのは、数か月で諦めてしまわないことです。

それに目に見えなくても、本人の中では手応えを感じられている場合もあります。

以前の自分と比較して、出来なかったものが出来るようになったり、今までより掛かる時間が短くなってきたりと、少しずつでも進歩が見られれば、そこでやめてしまわずに続けることが大事です。

そういう意味でも、やはり「コツコツ=勝つコツ」と言えます。

中3生は、次の実力テストまで半月あまり、また全学年とも次の定期テストまで1カ月~1カ月半あまりです。

今からコツコツ努力を積み重ねていきましょうね!(^O^)/

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする