令和2年度県立高校一般入試の出題方針等が発表されました。

来春3月に実施される、令和2年度県立高校入試に関する情報がいくつか発表されました。

つい先ほど県のHPに公開されました。

詳細はこちら(県庁HP)↓

令和2年度県立高等学校生徒募集(令和2年春入学生)に係る情報提供

今日、発表されたのは

「一般内容・推薦定員割合・出題方針」

「スポーツ推薦入学者選抜検査実施校、指定部および募集定員」

「学力検査実施教科および出題方針」

「入試に関する日程」

という大きく4点でした。

その中で、今年の3月にあった前回(平成31年度)と比べての変更点を探してみたので、お伝えしますね。

推薦入試 募集定員割合

【延岡星雲】 (平成31年度)普通科・フロンティア科とも35%

→(令和2年度) 普通科=35%、フロンティア科=40%

変更があったのは、延岡星雲のみ1校。

前回は普通科・フロンティア科ともに推薦の割合は35%でした。

ちなみに定員の数は変わっていません。普通科が160名、フロンティア科が40名です。

一般入試 学力検査傾斜配点

【延岡星雲】フロンティア科

(平成31年度)数英で高得点の方を1.5倍 → (令和2年度) 数英各1.5倍

【宮崎北】普通科・サイエンス科

(平成31年度)数英各1.5倍 → (令和2年度) なし

【宮崎農業】環境工学科

(平成31年度)なし → (令和2年度) 数学1.5倍

3校、4学科で変更がありました。

この中では、宮崎北高の変更がインパクトあるでしょうか!?

宮崎市内4校の普通科の中で、今回このように変更したのは北高だけです。

ほか3校はいつも通り、数英各1.5倍の傾斜配点が続きます。

北高がこの変更をする狙いとしては、数学・英語が多少苦手な生徒でも受けやすくすることで、受験する人を増やしたいのではないでしょうか?

あくまでも個人的な予想です(^_^;)

スポーツ推薦 指定部

新規追加 →【妻】ボート部 (男子2名以内)

ここは妻高のボート部が新たに入った点だけでした。

今日発表があった内容に関して、気づいた変更点は以上です。

ちなみに、募集定員に関してはすでに先月発表されています。

その時の記事はこちら↓

当塾では、本日から3日間の「宿題トライアスロン」がスタートしました! 先ほどスタートした、朝一の10時からの時間では中3生が2...

いよいよ受験がじわじわ近づいてきたような気がしますね。

受験生は9月からますます気合い入れてがんばるぞー!!ヽ(^o^)丿

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする