夏期講習始まる! & 三者面談に向けて

本日から夏期講習スタートです。

初日の今日は、オリエンテーションを行いました。

小5~6年生、中3生、中1~2生と約2時間ずつ3回に分けてやったため、疲れましたね(^_^;)

普段は6時間連続で授業してもここまで疲れたりはしないのですが、話す内容がいつもと違う特別なもののせいでしょうか。

なんだか非常に疲れた気がします(+o+)

しっかり夜に疲れをとって、明日からに備えたいと思います!

小学5~6年生 ↓

中3生 ↓

最後の中1~2生の時は、バタバタで写真が撮れませんでした。


さて、多くの中学校では明日から「三者面談」が始まりますね。

保護者の方から担任の先生に聞いてみてほしいことは色々とあります。

が、なにせ1人当たり10~15分という非常にタイトなスケジュールで行われる三者面談。

あれもこれも、というわけにはいきません。

三者面談で保護者から担任の先生に聞いてみてほしいこと

そこで一つに絞ってお願いしておきます。

ぜひ聞いていただきたいのは、

「これから、うちの子が内申を伸ばすには何を重視したらよいでしょうか。

テストの点数を伸ばすことは当然ですけど、それ以外で。

授業態度とか、提出物とか、小テストとか・・?」

ということですね。

担任の先生の教科はもちろん、他の教科で特に苦手なものがある場合には、担任の先生からその担当の先生に聞いてみてもらえませんか?というようにお願いしてみると良いでしょう。

後日、うちの子に聞きにうかがわせます、と言っておけば担任の先生も忘れずに聞いておいてくれるのではと。

そう伝えておくことで、「どうしても志望校に合格したいんです!そのために頑張れることは何でもやります!具体的に何を頑張ったらいいのか知りたいんです!」という姿勢を示すことが出来ます。

その上で「家でも頑張らせますので、ぜひ先生もご協力いただけませんか?」という気持ちを表しておくことが大事になると思います。

そうすれば、先生も「お母さんが面談でああやって言ってくれたやろ?もっと頑張れよ!」と生徒の背中をぐいぐい押してくれるのではと。

学校の先生とがっちりとスクラムが組めるのが理想ですね(^o^)

もちろん我々塾としても、この夏期講習ではこれでもかというくらい、ぐいぐいと背中を押していきます!

生徒の皆さんは覚悟して、ついてきてください!(^^)/

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする