現在の中1生は、大きな変革のど真ん中の学年!

夏期講習および7月13日(土)「速読講座 説明会・体験会」のご案内はこちら↓

先日、夏期講習の予告をこのブログで行いました。 その時の記事はこちら↓ 日程の詳細を決めたり、時間割を組...

夏期講習のお申込み締切→7月16日(火)!


さて今日はいつもより少し早く家を出て、セミナーに参加してきました。

塾用教材会社であるエデュケーショナルネットワークさんが主催するセミナーです。

今回のテーマは「大学入試共通テストと英語4技能検定試験の活用についての最新情報」と「2019年度宮崎県公立高校入試分析」というものでした。

こういったテーマのセミナーに参加するのは、通算4回目くらいでしょうか?

以前にも記事にしたことがあります↓

宮崎県の中3受験生へ 数学の最終問題は無視すべし!

2時間強という時間でしたが、あっという間でした。

ただし、お話の7割~8割ほどは「大学入試」関連のものでしたね。

それもそのはず。

なぜなら、今年の3月に行われた宮崎県公立高校入試は、問題そのものについての分析は出来ても、まだ平均点等が発表されていません。

ということは、細かい分析はしたくてもできないということですよね。

ところで、宮崎県の公立高校入試の平均点等のデータを集計し、公表しているのはこちらのサイトです。↓

宮崎や世界の未来を切り拓く、心豊かでたくましい宮崎の人づくりの拠点として学校や地域の力強い応援団となることを目指し、魅力と活力にあふれ、未来に大きく羽ばたく子どもたちを育む学校づくりや「学び続ける教職員」の支援に、全所を挙げて総合的に取り組みます。

昨年は6月末に発表だったので、今年もそろそろではないかと思いますが・・・。

また秋以降に同社主催のセミナーがあるそうなので、そこで情報を仕入れてきて、その時にはここでみなさんにもお伝えしたいと思います。


大学入試が変われば、高校入試も変わる。

さて、今日のセミナーでいただいた資料の中から一つ、情報のおすそわけをするとですね。

大学入試が変われば、高校の授業が変わる。

高校の授業が変われば、高校入試も変わる。

高校入試が変われば・・・

という具合に、連鎖していくであろうことは、なんとなく予想がつきますよね。

実際に近年でも、全国の公立高校入試の傾向として

「記述式」の問題が増えていたり、

対話文形式の問題が多かったり、

日常生活や時事との結びつきのある問題が出たり、

といった変化はすでに始まっています。

宮崎県に関して言えば「社会」の入試問題の、実に半数近くが「記述式」になっています。

そういう風に、出題形式および解答の方法が変わるという点もありますし、もう一点。

入試の制度自体を変更していこうという県も出てきているようです。

たとえば、

宮城県や福島県では2020年度(2020年3月実施分)から、

千葉県や長野県では2021年度(2021年3月実施分)から、

の変更がそれぞれ予定されているそうです。

ちょっと調べてみたところ、中には、今までは前期後期と2回受験のチャンスがあったのが、1回だけになるというような大きな変更がある県もありました。

宮崎県については、まだ現時点では大きな変更があるようなことは発表されていません。

もし大きな変更があるような場合には、余裕をもって発表があると思われます。

現時点でそういった発表がないということは、今年度の試験については従来通りであるということでしょう。

現中1生は、大きな変革のど真ん中の学年!

ただ、次年度以降は分かりません。

特に現在の中1が3年次に受験することになる2022年度の入試は、全国あちこちで入試制度の変更があるのでは?と言われているそうです。

その理由は新学習指導要領に替わるタイミングだからです。

現中1生が3年生になる年に、中学校は新学習指導要領に変わります。

その翌年である高1次には、高校も新学習指導要領に変わっていきます。

さらに高3次に受験することになる「大学入学共通テスト」は、その前年までの先行実施と違い、本格実施の初年度にあたります。

その本格実施の詳細については、どのように変わるのかはまだまだ不明な点ばかりです。

現在、色々と分かりつつある「共通テスト」についての発表は、ひとまず今年度(2020年度)から2023年度までの、先行実施に関しての情報です。

2024年度からが、新学習指導要領で勉強してきた高校生が初めて受ける新しい「共通テスト」ということになります。

その年の高3生が、現在の中1生ということです。

だからと言って、慌ててはいけません。

まずは今の目の前のやるべき勉強をコツコツと頑張るということは変わりません。

2年半後の高校入試も、ひょっとすると大きく変わっているかもしれませんが、そこまででしっかりと勉強のスタイルを確立しておけば、慌てずに受験に臨めるはずです。

現時点で、分かっていないことに対してあれこれと思い悩んでも仕方ありません。

中1~2年次は、まずは中学校で学ぶ範囲の学習内容に対して、苦手科目・苦手分野を作らないように取り組んでいきましょう。

まずは目前の定期テストで良い結果が出せるように、十分な準備をして臨むことですね!

うちの中1生たちを見てみると、宿題を忘れて来たり提出物の期限を守れなかったりと、まだまだ勉強に対して気持ちの薄い生徒の方が多いでしょうかね(^-^;

今のうちから、「コツコツ=勝つこつ」ということを身をもって知ってもらえるように、こちらもめげずにお尻をたたいていきたいと思います!

さあ、中1生たち!まずは定期テスト頑張るよ!(^O^)/

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする