中2生のみんな!今のうちに同級生に差をつけよう!

夏期講習および7月13日(土)「速読講座 説明会・体験会」のご案内はこちら↓

先日、夏期講習の予告をこのブログで行いました。 その時の記事はこちら↓ 日程の詳細を決めたり、時間割を組...


さて、今日は短めに。

昨日に引き続き本日もまた、中3生からの体験授業の申し込みの電話をいただきました。

結果、明日からの体験組が計4名となりました。

もしその4名が全員入塾していただけることになったら、一気に中3生が増えますね。

これまでうちで一番人数の多かった学年は中1生の8名でした。

中3生がこれまでは4名でしたので、4名入塾すると中1生と同数になります。

確かにこの時期に中3生が増えるのではと淡い期待はしていましたが、ありがたいことです!

ところで、もう一つの学年である中2生はどんな様子かというと・・・

現在のところ2名です。

人数が少ないからこそ、じっくり、ゆっくり、そして丁寧に指導ができるというメリットも、当然あります。

が、やはり人数がある程度いる方が活気も生まれますし、競争心も刺激されます。

ライバルの存在というのは、集団塾であることの特長の一つでもありますからね。

そのため、もうあと数名は中2生も増えるといいなあ、というのが正直な気持ちです。

フライングが許されるのは勉強だけ。

中学生が塾に入るタイミングというのは、もちろん人それぞれですが、大きな山場が二つあります。

一つは「進学時」です。

中学1年生になるタイミングで、塾へ行くことを検討した、将来検討しようというご家庭は多いでしょう。

もう一つは中3生の「部活引退後」です。

まさに今のこの時期ですね。

部活も終わり、いよいよ受験に向けて本腰入れて勉強していかなくては、というタイミングで検討される方も多いでしょう。

実際に当塾でも、この二つのタイミングに入塾生が多くなりそうな状況です。

ということは、どこの塾でも、どのご家庭でも、これと同様のことが言えるのではないでしょうか。

繰り返しますが、考え方は人それぞれです。

「塾に行かない」という選択肢も当然あります。

ですが、もし塾に行くことを検討されるならば、人よりも早めにスタートを切る方が断然有利なのは言うまでもありません。

「3年生になってから」、あるいは「部活が終わってから」というのは多くの方が考えることであります。

それよりも少しでも早めにスタートしておく方が有利になるのは間違いありません。

特に、現時点で勉強に苦戦している、成績に不安がある、という生徒の場合は尚更です。

なかでも英語と数学の2教科に関して言えば、3年生になってからだと時間的に、1年生からの内容を全てやり直していくのは厳しくなるかもしれません。

その意味でも、できれば遅くても中2の夏くらいから塾に行くことを検討していただくことをお勧めします。

確かに中学2年生は、昔から「中だるみの学年」と言われたり、最近では「中二病」という言葉があったり、なかなか勉強に気持ちが向きづらい学年ではあります。

これからの時期だと、3年生が部活から引退していって、来年に向けてますます部活に一生懸命になる2年生もいるでしょう。

ただ、そう考える同級生たちが多いということは、今のうちに勉強も少しずつ始めておけば、その分リードを稼げるということです。

陸上でも水泳でもフライングは許されませんが、勉強ならどれだけフライングしてもOKです!

始めるのが早ければ早いほど良いのが勉強です。

中2生のみなさん!そして保護者の皆様!

ぜひ、この夏からの入塾を検討してみてくださいませんか?お願いします(*^^*)

今のうちにスタートして、「3年生になったら俺も塾行こうかな~」と言ってる同級生に差をつけておきましょう!!

今日は特に、中2生のみなさんに向けたお話をお届けしました。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする