目標は宣言しよう!そうすれば実現していく!!

宮崎県が昨日梅雨入りしたそうです。

個人的には、そんなに雨は嫌いではないのですが、愛犬こげまるが散歩に行けずにストレスがたまってるっぽい様子だと、かわいそうです^_^;


さて今日のお話は、わたしがよく生徒たちにする話でもあります。

専門学校時代から、学生にもよく次のように言っていました。

「自分の願いや目標は、口に出して宣言しておくことがおすすめ。“紙に書く”でも良いけど、できれば口に出して周りに聞いてもらう方がより効果的」と。

いわゆる心理学用語で言うところの「宣言効果」というやつです。

その専門学校は公務員を目指す人の通う学校だったので、当然皆第一志望は公務員になることのわけですが、その宣言をする時には漠然と「公務員になりたい」ではなく、

「●●県庁に入りたい」「▲▲市役所に合格する」「警察官になりたい」「消防士になる」と具体的に言うのが大事だと言っていました。

高校入試でも同じだと思います。

「★★高校に行きたい」「◆◆高校の■■科に絶対合格する」と宣言しておくことで、様々な効果が生まれます。

その効果とは、一体どんなものがあるのか。私が考える主なものは以下の3点です。

効果① モチベーションアップにつながる。

言ってしまった以上、頑張らなくてはいけません。

頑張ってなかったら「あいつ、口だけやじ」と言われてしましますし、結果が出なかったら恥ずかしい思いをするのは自分です。

プレッシャーになってしまう可能性もありますが、これから先の人生でもプレッシャーがかかる場面は山ほどやってくるでしょう。

「プレッシャーがかかる」というのは「期待されている」ことの裏返しだととらえて、モチベーションに変えていきたいですね。

効果② ライバル・仲間との切磋琢磨・情報交換ができる。

自分の目標を宣言すると、同じ目標を持った人が「実はおれも・・・」と言ってきます。

その相手はライバルでもあり、同志にもなります。

身近なところにライバルかつ同志がいることは、競争心を高めてくれます。

また、その相手から志望先に関して、あるいは勉強法に関しての情報が手に入ることもあるでしょう。

大事なのは、自分が知っている情報は出し惜しみせずに、どんどん伝えることです。共に受かれば、同級生になるわけです。

確かにライバルかもしれませんが、その相手とだけ戦っているわけではありません。

一緒に合格しようと励まし合える同志の存在は、本当に自分が一番苦しい時を支えてくれるはずです。

効果③ 周囲の応援を得やすくなる。

目標を高らかに宣言しておいて、その目標に向けて必死で努力していると徐々に味方が増えていきます。

高校入試に臨む中学生の場合だと、家族、友人、学校の先生方、近所の方々、部活の先輩・後輩、そして我々のような塾の先生たちでしょうか。

特に一番の味方になってくれるのは家族です。

受験勉強の中で、家族に負担や心配をかけることもあるかもしれませんし、様々な面での協力を得ることも必要となるでしょう。

そんな中で、目標を宣言し必死で頑張っている姿を目にした家族は、やはり必死で応援してくれるのではないでしょうか。

これは逆を想像してみると分かりやすいかもですね。

「あんた、どこの高校行きたいの?」と親が聞いた時に

「う~ん、どっか受かりそうなとこ」という答だとしたら、親御さんも応援したくても応援に熱が入らないですよね?

必死で頑張っている人には、周囲を巻き込む力があるなと、これまでに多くの生徒を見てきて感じます。

周囲の人たちに精いっぱい応援してもらえるような受験生でありたいですね。

以上のようなことが、宣言することの効果として挙げられるのではないかと考えます。

ぜひ、受験生のみなさんには声高らかに自分の目標(志望校)を宣言してもらいたいものだと願います。

ところで・・・昨日のことです。

中2のTが、休み時間に休憩スペースの長椅子に長々と寝っ転がってました。

睡魔との戦いが激しかったようですw

眠そうな顔で、Tが私に言ってきました。

T 「明日も明後日も部活の練習試合なんで、明日は疲れててひょっとしたら・・・来れないかも(小声で)です。」

私 「そうやって初めから(休む気満々で)言うんじゃない!」

「言ってしまったら、そっちに気持ちが引っ張られていくだろ? だから・・・?」

T 「明日、来ます!!」

私「よーし!」

という会話をしました(*^。^*) さて、ちゃんとTは来れるでしょうか?

※追記 ちゃんとTはやって来ました!かなり眠そうではありましたが(^_^;)


ちなみに、生徒にそう言っている手前、私自身の仕事以外の面での目標をひとつ、ここに宣言しておきたいと思います。

「アタック25にもう一度出場し、次こそは絶対に優勝する!」

これが私の(中期的な)目標です。

『アタック25』ご存知でしょうか?

視聴者参加型のクイズ番組として、かなりの長寿番組ですのでご存じの方も多いのでは?

その『アタック25』に以前、出場したことがあります。

2014年5月25日放送の回でした。

結果はパネル1枚しか獲得できずに惨敗でしたね(+o+)

なぜ出場してみようと思ったのか、出場するまでにどんな過程があったのか、そしていざ本番当日は・・・といったことについては、また日を改めて休みの日にでもお届けしましょうか!

↑ 収録終了後の記念撮影。司会の浦川アナが見切れてる!(苦笑)

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする