ブックスタンドを活用して机を広く使おう!

以前、こんな記事を書きました↓

今日はなんだかバタバタと過ぎた一日でした(;・∀・) こんな日は、ブログを書く暇がなかなか取れないのがお決まりのパターンです。 ...

この記事で紹介したのはこちら↓

スマホ&タブレットスタンドです。

もちろん、これでも本は立てられます。が一つだけ難点が。

テキストや問題集などを立てたままだと、ページがめくりにくいという点です(^-^;

そこで、他に安く手に入るものはないかと探していたら・・・ありました!

しかも同じくダイソーで(*^-^*)オセワニナッテマス!

それがこちら↓

その名もズバリ、商品名は「ブックスタンド」です。

ただし、100円ではありません。

200円の商品です。

そのことに最初に気づいたのは小学生のある生徒でした。

「これが(このクオリティのものが)100円では売ってないだろう」と、その子は思ったらしく「え?ダイソーで買えるんですか? 100円・・・ですか?」と聞いてきました。

するどいっ!(゜o゜)

横から見ると、こんな感じです。↓

角度を細かく、10段階に調整できます。

本を立てると、こんな感じ↓ 角度はちょうど中間くらい。

ちなみに最も寝かせた状態だと、こんな感じ↓

試しにこれを一つ置いてみたらですね、生徒からの評判が良くて、早い者勝ちの争奪戦になっていたので、さっそくその後2つ追加しました。

現在は計3つ置いてあります。

机上が狭いと、頭の中まで片付かない?!

そもそも、こういったブックスタンドを導入しようと思ったのはですね、自習時に生徒たちが狭い机で苦労している様子を見たからです。

例えば、自習しているときの机上の状態を再現してみると・・・

こんな感じでしょう。想定は英語の勉強中です。

問題集、ノート、辞書、筆箱が乗っています。もう余分なスペースはありませんし、ノートに書くにもいちいち位置をずらして書かなければいけません。

そりゃあ、はかどりませんよね( ;∀;)

生徒によっては、しょっちゅう何かが下に落ちたりして、いちいち拾うことで集中も途切れますし、考えていたことも中断されてしまいます。

私自身にも覚えがあります。

自習するときに机が狭いと、色んなものを机にいっぺんに広げることができなくて、必要なものを取り出したり、探したりするので時間のロスが生まれます。

机の上は最小限のものだけにしておいて、必要な時に引き出しやかばんの中から取り出せば良いんじゃないの?という意見もあるでしょう。

そこはタイプによるんでしょうね。

私は広げておいて、必要な時にはパッとそれを見たいタイプだということです。

そうなると机が一つでは足りなくて、横の机を移動させてくっつけたりもしてました。

生徒にもそうしてる子がいますね。

中には三つくっつけて、さながら「コックピット」化してたりw

今のうちの塾生の数なら、そうやって一人で二つないし三つの机を使っていても、まだ自習室の席が足りないという状態にはなっていません。

でも、もし将来塾生が増えると足りなくなってしまうでしょう。

その時にも備えて、一つの机でも事足りるようにしてほしいなと思っています。

そこで、このブックスタンドが活躍してくれるだろうと期待してるということです。

机の上が片付いていると、頭の中まですっきり!のはず

さあ、じゃあブックスタンドを活用することでどう変化するか、見てみましょう!

まず、BEFORE↓(ブックスタンド無し)

続いて、AFTER↓(ブックスタンド有り)

いや~すっきりしてますね~(*´▽`*)

乗っているものは同じです、と言いたいところですが、筆箱だけ無くしました。

筆箱もすぐに必要なものは限られているので、それらだけ残して置きました。

問題集をブックスタンドに立てたおかげで、机の手前にはノートだけの広々としたスペースが生まれました!

問題集のページをめくる時にも左手だけでサッとめくれます!

こりゃあ、ガンガン問題解くことに集中できそうですよね~(*^^)v

うちの塾生たちは、どんどんこのブックスタンド活用してね!

ただ実は、ひとつ弱点がありまして、それは

・・・

・・

自分からは、奥にどれくらい余裕があるのか見えない、という点です(^-^;

けっこうギリギリです! ↓

お、落ちそう!!Σ(゚д゚lll)

あんまり、ギリギリを攻め過ぎずに、もう少し手前に置くのが良いでしょう(^-^;

最後に塾生と、保護者の皆様にお知らせです!

明日は自習室開放日です。13~22時まで開いています!

定期テスト前の生徒はもちろん、そうじゃない学校の子もどしどし自習においでください!

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする