やる気が出ないという人へおススメの本

今日は、勉強について考えるうえで、決して避けては通れない「やる気」についての話です。

私は勉強についての本を色々と読んでいますが、大抵この「やる気」について書いてありますね。

中には、その「やる気」についてのみに絞って書かれた本もたくさんあります。

そんな本の中から、まず今日は1冊紹介したいと思います。

それがこちら↓

和田秀樹さんという方の『和田式 勉強のやる気をつくる本』です。

この和田さんという方は、肩書がすごいです。

「精神科医」でもあり、また「受験技術研究家」とも名乗っておられます。

勉強に関する多くの著書を出されています。

さらに『受験のシンデレラ』という映画・ドラマの原作者でもあられます。

そんな和田さんの本の中でも、この『勉強のやる気をつくる本』は中学生でも読みやすく書かれた1冊ですので、おすすめです。

もちろん保護者の方でも興味深く読めると思います。

さて、この本には具体的にどんなことが書かれているかと言うと・・・

まずは、この本の「はじめに」の部分から一部抜粋します。

やる気が「ない」と思い込んでるキミへ

(前略)

勉強を頑張ろうという気持ちはあるのに、ついつい怠け心が・・(中略)・・

わかっているのに、相変わらずやる気になれない❝ダメな自分❞がいる。だから困っているのだろう。

(中略)しかし、断言してもいいが、それはキミにやる気が「ない」からではない。もし本当にキミがやる気のない人間だったら、そんなことでいちいち悩みはしない。やる気があるからこそ、❝やれない自分❞に苛立ち、誘惑に負けてしまう自分を情けなく思うのだ。

もう一度言うが、キミにやる気が「ない」のではない。❝やる気の芽❞は、実は誰でももっている。

どうでしょうか?これを読んだだけでも、「やる気がでない」と悩んでいる人たちは少し勇気づけられたのではないでしょうか?

実は私も専門学校時代には、これと似たことを学生たちによく言ってました。

試験直前でナーバスになっている学生がいたら、

「そうやって不安になったり緊張したりするのは、頑張ってる証拠だよ。」

「今まで精いっぱい頑張ったからこそ、そう思うのであって、頑張ってこなかった人は不安にもならない。だから、頑張った自分を信じて、自信をもって試験を受けておいで。」

という風に言ってました。

さて、本の中身に戻ります。

この本では具体的に、心理学の研究成果をふまえた「やる気のつくり方」のノウハウを紹介してくれています。

心理学と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、和田さんご自身が言われているように、小難しい理論には立ち入らずに分かりやすく書かれているので心配いりません。

この本では大きく、習慣術・自己管理術・心理術・人間関係術・発想術の5つに分類して、細かなものまで合わせて、なんと150近くものノウハウ(アイデア)が紹介されています。

ただし、そんなにたくさんのもの全てを知らないとダメだ、とは和田さんも言ってません。

この150近くものノウハウが全ての人にあてはまるわけではないし、このうちのたったひとつを実践するだけでも、即座に効果が表れることもあるでしょう。

具体的にひとつ写真で紹介しますね。

習慣術の中の「自分自身を上手に追い込む習慣術」のひとつとして挙げてあるのがこちら↓

同じページの下の方には、「Tips」(有益な情報という意味)として短くまとめた「おまけ」のようなものも載っています↓

こんな風にそれぞれのアイデアが紹介されています。どれも、真似しようと思えばすぐにでも始められるものばかりです。

他にもいくつか、小タイトルだけご紹介すると・・・

「自分だけの❝5分間儀式❞で、勉強スイッチON!」

「終わったら消すで、達成感をビジュアル化」

「志望校の過去問を解き、一度凹んで立ち直る」

「自室のパソコンやゲーム機をリビングに強制撤去!」

「たった5点上がっただけでも大喜びしよう!」

「1レベル下の参考書からスタートする」

「やっているフリをしない」

「よい結果は自分のおかげ、悪い結果は自分の責任」

・・・などなど。

他にも紹介したいものはたくさんあるのですが、このへんにしておきましょう(*^-^*)

興味が沸いたという方は、ぜひ読んでみてください!

実践こそ重要!使えそうと思ったものは、まずやってみよう!

さて、この本に書かれた様々なアイデアを知っても、それだけで満足してしまっては意味がありません。

もちろんこの本だけではなく、他の本から得た知識でも、親や学校の先生や先輩から聞いた話でも同じです。

知識を得ただけだと変わりません。それを実践してみないことには無意味です。

和田さんご自身がこう言われています。

再度、この本の「はじめに」のラストの部分から抜粋します。

あとは実践あるのみ!「やってみようかな」「これなら自分にもできそうかな」と思ったアイデアがあれば、明日と言わず今日からでもさっそく試してほしい。自分の可能性を広げるために。

以上、やる気が出ないという人におススメの本についてでした。

もちろん「さくら文庫」(塾の本棚)に置いてあるので、塾生で読みたい人はぜひどうぞ!

同じく和田さんの本で、昨日本屋で見つけて買ったのが、こちら↓

またおススメでしたら、こちらで紹介しますね。

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする