やってみよう!日本語ボキャブラリーテスト 

今日は塾の一コマから。

本日のテーマは「語彙力」に関してです。

教育に関心のある方なら、きっと「国語力が大事」「国語がすべての学力の基礎」というような趣旨のことは、どこかで見たり聞いたりしたことがあるのでは?

当塾も、国語力については力を入れて伸ばしていきたいと考えており、そのための様々な取り組みをおこなっています。

その国語力を形成する一つの要素が「語彙力」です。言い換えれば「ボキャブラリーの豊富さ」ですね。

専門学校時代にも、読むのも書くのも苦手という学生の中には、語彙力の無さを自覚している人もたくさんいましたね。あるいは、読むのは問題なくても書くとなるとさっぱりダメとか。

語彙力は大人になってからも必要となる大事な力です。

当塾ではその語彙力を伸ばすための取り組みを小学生、中学生それぞれに対しおこなっています。その取り組みの詳細(教材や内容)については、日を改めてくわしくお話しします。

生徒に現時点での、自分の語彙力を知ってもらいたい。

ふだん生徒と話していても、この子は語彙力があるな~とか、逆にこの子は語彙が少ないな~と感じることがあります。

ほかにも、文章を書かせてみると、よりはっきり分かります。

私は生徒個々人の語彙力をある程度把握できますが、生徒自身が客観的に人と比べて自分の語彙力がどの程度なのかということを認識してもらうことができないかなと思ってました。

人より自分が語彙が少ないなと気付いてくれれば、授業で取り組んでいることへの取り組みにもより真剣になってくれるのでは、という意図もあります(*‘∀‘)

それで色々ネット上で探していたら、面白そうなページを発見しました。

こちらです↓

簡単な質問に答えて語彙力をあなたの語彙力を確かめてみましょう!登録ナシ!

興味ある方は、ぜひお子さんに解いてもらってみてください。よければご自身でも。

満点は36600点らしいです。

全部で50問あって、それぞれある言葉の類義語または対義語を選びます。4択です。

選択問題なので、カンで正解することもありますし、たった50の言葉だけでその人の本当の語彙力が完全に測れるとも思いませんが、参考にはなるかなと思います。

ちなみに私もやってみました。こちら↓

まぁ悪い気はしませんねw(*^。^*)

夏目漱石のくだりは、結果によって「何歳程度の語彙力です」となったりするようです。

ちなみに菜穂子先生は「27302」点で「頭脳派社会人並み」となってました。

これを生徒にやってもらうことにしました。

短ければ、10分もかからずに終わるので国語の授業の中でだったり、合間の時間を使ってやったりなどで、昨日今日で9名の生徒に受けてもらいました。

語彙力は年齢は関係ありませんので、下克上というか、学年が下の子でも上の年齢の子よりも高い結果が出てくれるんじゃないかとひそかに期待してました。

が、今のところのトップはやはりというか、中3生ですね。

ちなみにその子は「19922」点で、「上位24.66%」、「18歳並みの語彙力」という結果でした。

その子以外の生徒は軒並み、年齢よりも下の年齢並みという結果でした(^-^;

あと、まだ受けていないのは中1生たちです。

土曜日に受けてもらう予定ですので、塾生の保護者の皆さんは土曜日の塾が終わるまでは、このページのことは内緒にしといてください(^_-)-☆ お願いします。

現時点での語彙力を知るというだけでなく、この問題を忘れたころにもう一度やれば、どれだけ語彙力が伸びたのかということを知る目安にもなりそうですよね。

中3生たちは今年度だけですが、中2生以下の子たちは一年に一度ずつ受けてみて、前年との比較をしてみるのもいいかもしれませんね。

今回のこのテストの結果はあくまでも参考程度ですが、生徒たちの語彙力向上のために今後も力を入れて取り組んでいきます!

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする