自宅で勉強する時にもおすすめ!本も立てられる100均のスマホスタンド

今日はなんだかバタバタと過ぎた一日でした(;・∀・)

こんな日は、ブログを書く暇がなかなか取れないのがお決まりのパターンです。

そんなときは、写真をたくさん貼って、お茶を濁すのが定番です(^-^;

まずはこちら↓をご覧ください。

何度かご紹介している、当塾の本棚(さくら文庫)です。

以前との違いにお気付きでしょうか?

もう少し寄ってみましょう。上の写真の右上のエリアをアップにしてみますね。

先日紹介した『やばい日本史』と、その下には国語教育で有名な出口先生の本が。

出口先生の著書もおすすめですが、本日注目していただきたいのは、本の表紙が前を向けて置いてあるという点です。

各ブロックの中でも、特におすすめしたい本を選んで置いてみました。本屋さんで言うと、平積みというやつでしょうか。

これ、どのように立てているのかというと、本の後ろにあるものを置いただけです。

それは、100円ショップ(ダイソーさん)で買った、スマホスタンド&タブレットスタンドです!

これがバッチリはまりましたね。ブックスタンドも色々検討したのですが、本のサイズによっては、うまく置けなかったり、角度がいまいちだったり。

でもこれなら、小さい本(文庫本)ならスマホ用で、大きめの本ならタブレット用で、それぞれうまく置けます。

↓ 横から見た状態

↓上:折りたたんだ状態 下:伸ばした状態(縦が18.5㎝ 横が13.5㎝くらい)

↓ 黒い部分を回して、角度を調節することも出来ます。寝かせると、こんな感じ。

↓ ということは、こんな使い方も可能です。 下:裏から見た状態

大きめの参考書や問題集でも、このように寝かせれば十分支えてくれます。

机の上が整っているかどうかで、勉強時の集中度は変わる。

教科書と問題集を見ながら、問題をノートに解くなんていう場合には重宝しそうです。

特に机上に十分なスペースが無い時なんかには助かるのではないかと。

1問解くごとに、教科書と問題集とノートと筆箱の位置を、机の上の限られたスペースの上で微調整するだけで、だいぶ集中が削がれてしまいそうです。

現にうちの塾生でも、授業中にしょっちゅう筆箱や教材を落としてしまう生徒もいます(^-^;

教科書や問題集は、このように立てておいて、手元のノートを置く(書く)スペースを広めに確保することだけでも、だいぶ集中しやすくなるのではないかと思います。

自宅での勉強の際に、机が狭くて苦労している学生さんは、ぜひ試してみてください。

今、これを書きながら思いついたのですが、塾で自習をするとき用に、いくつか貸し出し用を準備してても良いかもですね。

さっそく次に自習に来た生徒に使ってもらって、感想を聞かせてもらいましょう(*^_^*)

好評なら、貸し出し用として複数個、追加で購入したいと思います。

↓ラインナップ。大きさは2種。色は3種がありました。小さい方(スマホ用)の緑色はあるのかもしれませんが、私が行った店舗(イオンの中)では見つけられませんでした。

100均(ダイソー)のスマホ&タブレットスタンドは本を立てるのにも重宝しますよ、という話題でお送りしました。

もし、探してみようという方がいらっしゃたら、スマホの関連グッズ付近に置いてあると思います。

うまくお茶を濁せたでしょうか?(^-^;

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする