小テストは満点合格!その真の目的とは?

春期講習が続いています。

授業は明日を残すのみとなりました。明々後日に模試をやって終了です。

その後、来週からは通常授業が再開します。

先週と今週でいつもと異なる教材、時間割に慣れていた生徒たちが、うっかり勘違いしてしまわぬように、連絡を徹底していきたいです。

その一環で今日、中学生たちに対して、来週の通常授業再開に向けて、来週の授業で行う小テストの範囲等を連絡しました。

もちろん、講習開始前にも伝えてはいるのですが、完璧に覚えている生徒ばかりではないでしょうから、万全を期すためにです。

というか、宿題や小テストの範囲は忘れないように、記入するための用紙を配って書かせるようにしているのですが、それでも忘れる生徒はいるんですよね(+o+)

なんとかそれをゼロにできると良いのですが、これってたぶんどこの塾でも、どこの学校でも同じ悩みがあるのではと思います。

個人的には、口酸っぱく何度も繰り返し言うのはこちらも疲れるし、言われる方も気分は良くないでしょうから、あまり好きではありません。

だからこその「メモ作戦」だったのですが、まだまだ定着しきってないです(>_<)

そこは口酸っぱく言うしかないんでしょうね(^_^;)

さて、上記のように来週からは、通常授業の再開とともに、中学生は授業開始時の小テストも再開です。

中学生の国数英の各科目での授業の際には、初めにそれぞれ小テストを実施してます。

以前にも、そのことについては書きました。↓

春期講習 3/25~4/6 受講生募集中です! ご案内はこちら↓ さて本日の話のメインテーマは、...

今日あらためて範囲の連絡をしたのは、来週の再開を前に、念押しをしたわけです。

「小テストは満点合格!満点取れなかったら、取れるまで残ってやり直し!忘れてないな?」

ということをです。

小テストは満点取って当たり前!?

もう、いつの話だったか忘れましたが、テレビで現役だったか卒業後かの東大生が言ってるのを見ました。

「高校までの学校での小テストとか確認テストとかで、満点以外を取ったことがない。だって、範囲も決まっててやる日も決まってるんだから(満点で当たり前)」と。

口ぶりはちょっと気にはなりますが(苦笑)、言っている内容はまったくその通りだなと感じました。

そうなんです。いつやるのか、そしてどこから出るのかが分かっているのにも関わらず、満点が取れないというのは、自分に甘いということ以外の理由はありません!

実施日までに十分な準備をしておけば、かなりの確率で満点が取れるのが小テストです。

もし、ひねった問題が混ざっていて満点が取れないのなら、それは出題者の先生がひねくれているだけなので、気にしないで良いでしょう。

でも、少なくても私が問題を作る英単語のテストは一切ひねり無しです。

覚えてさえいれば、簡単に満点が取れます。

そのことを、まだまだうちの塾生たちは理解してないのかもしれません。それは私の伝え方が足りないということもあるでしょうから、来週からまた根気強く伝えていきたいと思います。

ただ、満点取るまで居残りにしているのは、当然ながら生徒をいじめるためではありません!

満点合格の目的とは

その目的は大きく分けて3つあります。

① 勉強法に工夫を!

どんなに簡単な小テストであっても、十分な準備なしには満点を取ることは難しいでしょう。

たとえば英単語の小テストでも、ぼーっと単語帳を眺めるだけで完璧に覚えられるなら、その子は塾に来る必要などありません。

覚えるためには、自分なりの工夫した覚え方を身に付けるしかありません。

もちろん初めに、ある程度覚え方についてのレクチャーは行いました。

でもそれが万人に合っているかは分かりません。自分なりのやり方でやってよいということも伝えてあります。

そういった工夫や努力をしないまま、テストに臨んで満点が取れない生徒に同情の余地はありません。

目と手(書いて)だけでダメなら、口と耳も使ったり、3度繰り返しても覚えてないなら、5回でも10回でも繰り返したり、自分で作成したテストを解いて覚えてないのを確認したりなどの工夫をしてほしいのです。

そういう風に試行錯誤を重ねながら、自分流の覚え方を身に付けていければ、いつの間にか暗記が得意と断言できるようになるでしょう。

② スモールステップで自信を!

次に、日々の小テストで満点を取るという小さなステップで、自信をつけていってもらいたいという狙いがあります。

スモールステップがオススメということは、以前の記事でも書きました↓

今日も引き続き、春期講習でした。 今日は2名が風邪を引いたため欠席しました。 季節の変わり目です。だんだん暖かくなってきましたが...

塾へ来る子たちは、自分は勉強が苦手なんだと思い込んでいたり、もっと言えば、勉強は嫌いだと思っている子が多いでしょう。

でも、「自分でも、やればできた」という経験から自信は生まれていきます。

やらなければ決して生まれません。

勉強を苦手だと感じている子が、「これをいつまでに覚える」というミッションを自らに課すとは考えにくいです。

それを塾で範囲と期日を決められていれば、否が応でもやらなければなりません。

そして「やってみたら、自分にもできた」となれば、そこから勉強への抵抗感は減らしていくことができます。

「やる気スイッチ」はありません!

「やる気になる」→「やる」というのは現実的ではないです。

「やってみる」→「できた」→「自信になる」→「もっとやってみたい」→「もっとできるようになった」というサイクルの一番初めの段階として、この小テストを利用してほしいのです。

③ 定期テストでも満点を!

さて、小テストで自分なりの工夫で覚えるコツを掴んだならば、定期テストで満点を取ることも不可能ではありません。

考えてみてください。定期テストも範囲と期日が決められています。

中には、生徒に100点を取らせるのがよほど嫌なのか、阻止するための難問を1題出してくるような先生もいるかもしれませんが、それは無視していいです。

定期テストの目的は、習った範囲が定着しているかどうかを確認することです。

となれば、授業中に先生が教えたところや、使った教材から出題されるはずです。

そう考えれば、定期テストも怖くはありません。なにせ覚えるための方法論は自分の中で確立されているのですから。それを応用してやっていけば良いのです。

以上のような理由から、小テストを満点合格としています。

うちの生徒のみんなは、来週からの小テストで満点を連発してくれることを期待してますよ!

それでは今日はここまで。

As it will be good day tomorrow.

(おまけ)【ことわざクイズ】

この絵は何ということわざを表わしているでしょうか?

(答えは下にあります)

答え 「目から鼻へ抜ける」←意味や語源はリンク先へどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする