説明会にお越しの際は、ぜひ速読の体験もおススメします!

昨日お伝えしたように、本日宮日新聞に折り込みチラシを入れました!

明日(1月26日土曜)、宮崎日日新聞に折り込みチラシが入ります! 塾の近辺地域のみになりますので、ここでも宣伝させてください。 ...

チラシをご覧いただいて、このブログを覗きにきてくださった皆さん、ありがとうございます!(^O^)

初めて、速読の体験を受けていただきました!

さて、今日は初めて折込みチラシを入れたこともあり、リアクションがあるかないか朝目覚めた時からドキドキしていました(>_<) 起きて、しばらく経った頃、携帯が鳴りました。ひょっとして?と思ったら、期待した通りチラシを見てお電話くださった方でした!

嬉しかったですね~\(~o~)/ヨカッター♪

日程の調整をして、午後から説明を聞きに来られました。一通り説明をした後に、速読の体験を受けていただきました。そもそも、今回話を聞いてみようと思われたのも、当塾が「速読講座」を導入していることに興味を持ってくださったからとのことでした。

全部で30分ほど体験してもらったのですが、やってる間、非常に楽しそうでしたね!この体験では、実際に読書速度を計ってみるのですが、何と10分ほどの訓練を受ける前に比べ、受けた後では読める文字数が倍近くに増えてました!!\(◎o◎)/スゴイ!

体験を受けた方には、↓のようなカードをお渡しします。真ん中あたりに読書速度の文字数を記入する欄があるのが分かるでしょうか?

速読は勉強だけでなく、スポーツにも役立つ!

文章を速く正確に読めるようになることが勉強する上で非常に役立つことは、多くの方に納得してもらえると思います。

例を挙げると、

・試験当日に時間の余裕が生まれる。(⇔読むのが遅いと最後まで解き終わらない。)

・処理速度が向上することで、学習量が増える。高い学習効果が期待できる。

・活字に臨む姿勢が変わることで、読書が好きになる。多くの本を速く読める。→ 語彙力や表現力を学ぶことに繋がる。→文章を読むことだけでなく、書く力も向上する。

などなど…。

他にもまだありますが、間違いなく勉強には役立ちます!

が、なんと速読は、勉強だけでなくスポーツにも効果があるというのです!

↑こちらは教室に掲示したポスターなのですが、右側の真ん中に大きなギザギザの吹き出しで書いてあることだけ、他とはちょっと違いますよね。

時速150キロの速球が打てて人気者に!」(絵がかわいいですw)

速読講座のトレーニング内容の中には、文章を読ませるものだけではなく様々な種類のものがあります。その中には、動体視力を鍛えるもの、眼球運動を通じ眼筋トレーニングになるもの、瞬間視や周辺視野を鍛えるものなどのメニューもあります。

そういったトレーニングを行うことで、単なる視力とは違う「スポーツビジョン」が鍛えられ、その結果スポーツが上手くなるということのようです。

私がまだ学生だったら(現役の部活生だったら)、ぜひともそれが本当か自分自身で受講してみて、実証したかったですね~。実際にサッカーJ2に属する「愛媛FC」や、大学や高校の野球部、サッカー部などで取り入れられているようです。

現在部活に打ち込んでいる中高生の皆さん!興味があればぜひ一度、無料体験を受けに来ませんか?お待ちしています!

2月16日(土)に速読説明会・体験会を行います!

当塾で採用したこの速読講座は、日本速脳速読協会の「みんなの速読」です。

詳しくは、こちらからどうぞ↓

全国2,200校以上で開講中!「速読」+「読解力」トレーニング。タブレットやパソコンを使ったトレーニングで、学習や受験に役立つ「速く正確に読み解く力」を楽しみながら身につけることができます

その協会の方にも当塾においでいただき、2月16日(土曜)に「速読説明会・体験会」を実施します!(細かい時間については、現在調整中ですので決まり次第お知らせします)

少しでも興味のある方、詳しい説明を聞きたい方、ぜひお越しください!

「塾はもう、よそに行ってるんだけど。」という方でもOKです(^o^)丿 塾生以外の方でも、速読講座だけ受講するということも可能です。

皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

もちろん、今日体験していただいた方のように、個別での説明を聞きに来られた時に一緒に速読の体験を受けてもらうことも可能です。せっかく貴重な時間使っておいでいただくので、また無料となっておりますので、お時間あればぜひ。

個別説明会は来週以降も、継続して行っていきますのでご都合の良い日をご予約の上、お越しください。

それでは、今日はここまで。

As it will be good day tomorrow. (明日も良い日でありますように)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする